愛光中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

愛光中学校受験をする際に、愛光中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。愛光中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
60
1.5
スポンサーリンク

愛光中学校の評判

【愛光中学校の紹介】
1953年 男子校として開校(安西校舎)
1972年 20周年を迎え、衣山に全面移転
1992年 創立40周年を迎え、図書館新設
2000年 男女共学校になる

カトリック・ミッション・スクールとして創立開校依頼、学校施設の充実、寮施設の拡充・整備を進め、生徒が中高6年間を過ごすためにふさわしい環境をつくりをしています。

自慢は独立棟となっている図書館です。コンピュータが設置され、インターネットやCDを使った学習も可能になっています。蔵書は6万冊以上、学習コーナーは118席よういされています。

愛光中学校の教育方針

・学問・道徳・芸術・宗教・身体・生活の6分野で生徒の教養を高める
・正しい倫理観を養う宗教教育と中高6年間の独自の一貫カリキュラム
・英語・数学・国語は学習の基礎を押さえるために十分な授業時間数
・1クラス全員が1台ずつ使えるパソコンを完備
・運動部と文化部の部活動や宿泊研修・語学研修等を通して人間力を活かす
・寮を敷地内に用意し寮生の日常生活を指導・サポート
・集団生活を通した体験で生徒の人間成長を図っている
・自ら問題点を発見していく姿勢を身につけること
・単に知識を身につけるだけでなく、考える力をつける
・人間を育てたいという夢の実現に目指している
・高2の3学期から高3の2学期にかけて、希望者対象に特別補習

スポンサーリンク

愛光中学校の過去問出題傾向

愛光中学校に入るためには、問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
小学校で勉強する様々な知識を求められます。特に漢字の書き取りに焦点を当てた語彙力や言葉の知識を問う問題・説明文・物語文の出題が多く、入学後の学習に不可欠な学力が備わっているかどうかを判断しているようです。説明文に物語文ともに長文の傾向があり、受験生が小学生の時にどれだけ読書に時間を使っていたかどうかが試されます。文章の流れを正確に把握することができ、登場人物の心情を的確に読み取れる力を選択式と記述式で問われます。

《算数》
計算問題、比率、図形など全範囲が対象になります。文章題でも比率や図形などの範囲を網羅しておかなければいけませんが、途中の計算式もきちんと書いておく必要があります。そのため、普段から文章題を解く習慣を付けると共に、計算式を記入して答えまでの道筋を明確に書けるようにしておく必要があります。

《社会》
5年生と6年生の教科書の全範囲から問題が出題されます。歴史は各時代の特色を捉えて、人物との関連づけがきちんと出来るようにしておく必要があります。地理は、日本や世界の各地域の地形や気候、生活様式を問う問題になります。また、人々の生活により起こっているさまざまな環境問題なども押さえておいた方が良さそうです。

《理科》
小学校4年から6年の教科書の範囲を中心に出題されるため、範囲が広いですが教科書の範囲以外の出題もあります。教科書の内容を覚えるだけでなく、科学実験や観察学習も押さえておく必要があります。また、日常生活の中の理科的現象や動物や草花についても理解を深めておくと範囲外の問題に対しても答えられる理解を得ることができると思います。

愛光中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 愛光中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

愛光中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報