茨城県立日立第一高等学校・附属中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

茨城県立日立第一高等学校・附属中学校受験をする際に、茨城県立日立第一高等学校・附属中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。茨城県立日立第一高等学校・附属中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
50
5.2
スポンサーリンク

茨城県立日立第一高等学校・附属中学校の評判

【茨城県立日立第一高等学校・附属中学校の紹介】
1927年 茨城県立日立第一高等学校附属県立日立中学校設置
1948年 茨城県立日立第一高等学校附属県立日立第一高等学校に改称し、全日制普通科高等学校となる
2012年 日立第一高等学校附属中学校 開校
2012年 文部科学省から「SSH」の指定を受ける(5年間)

併設型中高一貫教育の特色を生かした男女共学校です。

6年間の継続的・計画的な教育活動の展開により、生徒一人ひとりの個性を伸ばすことができます。

また、幅広い年齢集団による活動を行うことにより、豊かな人間性やコミュニケーション能力を互いに切磋琢磨することで、良い一層高めることが期待されます。

茨城県立日立第一高等学校・附属中学校の教育方針

・豊かな人間性と高い知性を有し、日本そして世界の未来を拓く次代のリーダーを育成す る
・異学年交流などを通じてコミュニケーション能力を育成する
・学校行事や部活動を通じてスポーツや芸術文化の資質を高める
・人間・社会・自然への興味や科学的探究心に溢れ、自ら進んで真理の追究や課題の解決 に挑む
・国際社会で活躍するための知識や能力を身に付ける
・日立・東海・つくば等の地域の知的資源やSSH、SELHiの実績を生かした教育
・特色ある科学教育と国際教育を推進し、科学技術を担う人材、国際社会で活躍できる人 材を育成する
・英検準2級の全員取得
・宿泊を伴う語学研修
・研究機関、医療機関、大学等と連携した先端科学体験・講演会等の「サイエンスリテラ シー」
・ディスカッション、ディベート等の実施で「グローバルコミュニケーション」の育成

スポンサーリンク

茨城県立日立第一高等学校・附属中学校の過去問出題傾向

茨城県立日立第一高等学校・附属中学校に入るためには、問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。算数・国語・社会・理科の基礎力が試される適性検査を受けることになります。

《適性検査Ⅰ》
適性検査Ⅰ(45分間)
小学校で学習した内容をもとに,思考力・判断力及び課題を発見し解決する力などを問われます

《適性検査Ⅱ》
適性検査Ⅱ(45分間)
文章や資料をもとに,読解力・分析力及び自分の考えを表現する力などをみられます。

《面接》
面接(1グループ20分間程度)
5人程度を1グループとした集団面接が行われ、学習への意欲や6年間一貫の学校生活への適性などを判断されます。

茨城県立日立第一高等学校・附属中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 茨城県立日立第一高等学校・附属中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

茨城県立日立第一高等学校・附属中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報