新渡戸文化中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
新渡戸文化中学校受験をする際に、新渡戸文化中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。新渡戸文化中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
1.5
スポンサーリンク

新渡戸文化中学校の評判

1927年 女子文化高等学院設立
1928年 女子経済専門学校(初代校長 新渡戸稲造)に昇格
2010年 現校名に改称
2014年 共学化

初代校長・新渡戸稲造先生が目指さした人間教育は、国際社会で活躍する人材を育てることに重きをおきました。

そのためには人は生まれ育った環境が違うのだから考え方が違ってあたりまえ、まず相手を理解し、受け入れる心が大切だと教えています。

 

新渡戸文化中学校の教育方針

・綿密な学習計画を立て、 様々な評価方法できめ細やかに一人ひとりの発育評価
・読書メモ・プレゼンテーションなどの表現活動の重視
・漢字検定・意見発表会・百人一首かるた大会などの多彩な教科行事
・独自のTEE(Think&Express in English)プログラムを導入
・中学生はレシテーション大会、 高校生は英語によるプレゼンテーション(PRE)
・体育の中には週1時間ダンスの授業が含まれ、毎年秋に『創作舞踊発表会』開催
・中学1年生は週1回、都千家の先生による「茶道」を授業として実施
・中学2年生は週1回、小原流の先生による「華道」を授業として実施
・2.3年生での三味線授業、3年生は長唄三味線までが弾けるようになる
・ハロウィーンのカボチャの提灯作りやカルチャートークなど、体験型の楽しいイベント
・校内異文化交流・国際理解教室
・交換留学制度が充実しており、姉妹校のスクールに留学し、単位が認められれば本校単位として進級可能
・姉妹校以外での留学制度もあり、正規のハイスクールであれば、単位を認める
・自慢のひとつ、スクールランチは、カフェテリアで、できたてをいただく
・5クール制+α、45分授業、週36~37時間
・各クールに1回、学力定着確認テストを実施
・週に1度の「人間学」で実施する自己発見プログラムを中心に授業などが展開
・夏期学校(1・2年次)・キャリア研修(7月、3年次)
・意見発表会(9月)、合唱発表会(10月)
・修学旅行(11月、3年次)、スキースクール(12月)
・書き初め・百人一首かるた大会(1月)、感動体験ツアー

スポンサーリンク

新渡戸文化中学校の過去問出題傾向

新渡戸文化中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

新渡戸文化中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 新渡戸文化中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

新渡戸文化中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報