子供の悩みは親が知恵を貸して早めに解決



867 子供の何か問題が起こったとしても、大人であれば、知識や経験から具体的な対策を考えることができます。

子供だけだと経験が少なく対人対応力もなかったり、うまく言葉を伝えることが出来なかったりとこじれる原因になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

問題解決に大人が手を貸すこととは

問題が深刻にならないうちに親を始めとした周囲の大人の力を借りて問題解決することは、子供にとってよい経験となり大人に近づくための良い体験になります。

不安や不満という感情を解消できない

マイナス感情と言われる不安や不満、イライラやストレス、嫉妬心、攻撃したい気持ちが子供に生じた場合、大人であれば気分転換する方法を知っていますが、子供はうまく気持ちを逃がすことができません。なぜなら、処理する方法を知らないからです。

知っている言葉が少ない

語彙が少ない、表現力が乏しい、言葉の意味を理解していないなどとまだまだ言語力が未熟な部分があります。そのため、何か問題が発生しても、その状況をうまく周囲の大人に伝えることが出来ません。もちろん、子供自身の気持ちもうまく説明することもできないのです。

対人関係の経験が少ない

これは仕方ないことですが、まだまだ人生経験が少ない小学生なので、経験から解決することができる内容は少ないです。そのため、過去に親に怒られたりという経験があるとウソをついたりすることもあります。また、子供同士で遊んだり、親以外の大人と接することが少なくなったこともあると思います。

考える力、分析力がない

物事を多角的に分析したり、相手の気持ちを考えたりする力はまだまだ未熟です。子供が持っている知識や経験はまだ偏りがあります。大人のように知識を総合して活用したり、状況に応じたりすることは大変難しいことです。

スポンサーリンク

子供の反抗的態度

上記のように、子供はまだまだ未発達・未熟な部分が多々あります。その未熟なことから色んな問題が発生してきます。問題を解決しないままでいると・・・

友達関係の悩み

友達が増えてきたり、一緒に学校に行く人が多くなったり、変わったりしてくると問題が起こりやすく複雑になってきます。そして、友達とトラブルがあっても子供は具体的な仲直りの仕方や解決方法を知らないままこじれてしまうことがあります。

そんな時、そのイライラや何もできない自分自身に対して感情が抑えられなく、親に対して反抗的な態度になることが多々あります。こじれると友達との関係が修復できなくなってしまったり、いじめにあうこともありますので、子供の変化に気がついたら話を聞いてあげましょう。

大人もそうであるように、子供の世界でも問題解決は早期解決がいいです。

子供の変化とは?

親に対して、暴言を吐いたり、無視するようになったり、反抗的な態度になったりするようになったら要注意です。

自分の気持ちや考え、意見を伝えたいと思っても、適切な言葉で表現することができないため、反抗的な言い方をしたり、聞く耳を持たなかったりするようになります。

または落ち込んだり、ストレスを抱えてしまう子供もいます。自分で相手の考えていることが分からなかったり、対応策が分からなかったりしていることでモヤモヤした気分のままになり、学校に行きたくないというケースにもつながってしまいます。

まとめ

子供の反抗的な態度は、お母さんだけでなくお父さんにも両方に向けられます。そのため、反抗期かなと気が付くと思います。ただの反抗期ではなく、心に病を抱えている状態である場合には、親の力を貸して、問題解決することができるようにしないと後々の対応が大きく変わってきます。

子供のことは信じながらも、上手く仲直りできるような言い方や対応についてよく話してあげて下さい。

本当にこじれると厄介です。子供だけでの問題ではなく、親にも火の粉が振ってくることがありますので。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報