雨の日の通学用カッパ!安全性と使いやすさに配慮したおすすめのレインスーツ



5311-1
通学に自転車を使っているときに困るのが雨の日です。コンビニに売っているレインコートはポンチョみたいなもので下はズボンになっていないので雨に濡れてしまいます。それに安いレインスーツも雨に濡れると浸透してきて、服が濡れてしまうこともありますので、しっかりとしたレインコートを選ぶようにしないと、雨の日の自転車の運転を安全にすることができません。

スポンサーリンク

通学用カッパの必要性・機能性・安全性について

自転車通学をしているお子さん。一般的に雨の日には、学校指定の通学用カッパなどを着用して、自転車を運転するよう指導されています。自転車に乗りながら傘を差すと片手がふさがり、ブレーキの力が十分に発揮できません。

さらに、雨の路面は滑りやすいので交通事故を引き起こす原因の一つにもなります。2015年6月1日から道路交通法が改正され、傘を差しながら自転車に乗るのは、本人と周囲の人を危険にさらす可能性があることから、違反切符をきられるようになりました。

カッパは安価に防水機能を得られるビニール製が多く見られますが、夏場などは内部が蒸れて汗をかいてしまったり、ビニールの匂いが気になる子供がいます。学校指定以外のものを着用してもいい場合は、登山用などの防水性が高く蒸れない作りの高性能な製品を使用するのがおすすめです。

通学用のカッパは防水・撥水機能に加え、視界がきちんと確保されているか、自転車に乗る場合は運転を邪魔しない作りになっているかを確認して下さい。暗い場所を通る場合には、反射板などがついているタイプですと、走行中の自動車が発見しやすく安全です。

スポンサーリンク

レインコートの選び方

1.前が見やすい透明フード

フードの前が透明になっているものを選び、自転車に乗ったときでもクリアな視界が確保することができます。

2.二重袖で安心の防水

自転車に乗ってハンドルを握っているときに、前から吹き付ける雨に対応できるように袖口が二重になっているものを選びましょう。

3.ファスナーもしっかりガード

前側のファスナー部分からの雨の浸透を防ぐために、スナップボタンで雨の浸透を防ぐ二重ブロック構造がおすすめ。

4.反射テープで夜間も安全

反射テープは、夜間のときや薄暗い雨の日にも視認性が確保できるため安心です。

5.ムレを緩和するベンチレーション

背中部分が反射テープの位置で切り替えてベンチレーションになって、背抜き部分がメッシュにであればムレを軽減してくれます。

★人気のあるおすすめレインウェア★

まとめ

学校指定のような落ち着いたデザインのレインスーツです。オシャレなレインウエアはスポーツ用品店などに行けばたくさん並んでいますが、学生さんの定番レインウエアは実店舗で売っているのをあんまり見かけません。そのため、ネットを使って探して購入することが多いです。

自転車通学の人は、雨が降ってしまうと傘差し運転は出来ないので、レインウエアは必須アイテムです。シンプルなデザインでも安全性と防水性に優れたレインウェアを選ぶようにしましょう。

フードは被った時の視界を妨げないよう、前方部分はクリア素材がおすすめで、取り外し可能であればヘルメットをかぶったときは、ジャケットだけでも使用できるフード取り外しタイプがいいと思います。

収納用にレインウエアと同色の袋も付属されていると、携帯するのにも場所を取らないです。自転車通学をされている人に便利な機能が揃っていて、自転車通学に求められる基本的性能が備わっているものがおすすめです。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報