大阪星光学院中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

大阪星光学院中学校受験をする際に、大阪星光学院中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。大阪星光学院中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
63
1.7
スポンサーリンク

大阪星光学院中学校の評判

【大阪星光学院中学校の紹介】
1859年 イタリアのカトリック司祭聖ヨハネ・ボスコが「サレジオ会」を創立
1950年 大阪星光学院創立
2008年 新校舎が完成

大阪市内歴史と緑豊かな上町台地の南端にあり、カトリックのミッション・スクールで創始者ヨハネ・ボスコの教育理念「理解と信頼」に導かれる、サレジオ修道会が経営する大阪府でトップの進学校です。

大阪星光学院中学校の教育方針

・知識・学力だけではなく、品性ある人格をともなった人として生きることを求める
・時間をかけて人格の陶冶と学力の伸長を図る6ヵ年一貫教育
・おおいなる志を持った人たちが集い、その志を実現するために充分に学べる場所
・和歌山南部学舎と長野黒姫高原に山荘を持ち、人としての真の学力と心身を育てる
・独自のカリキュラムが組まれ、重複する無駄を避け、そこに生まれたゆとりが基礎的な学習の充実や理解の徹底にあてられる
・2年間でほぼ中学教科課程を終え、その後の2年間は、各教科とも基礎的内容の習熟に重点をおいた発展的学習、そして最後の2年間で大学進学に備える
・合宿の多い学校で、教師と生徒が共に生活し、お互いの心を交流させる喜びを知れる
・キリスト教の精神に根ざした全人教育をめざし、世界で活躍するリーダーを育てる
・徳育のを重視し、相互の理解と信頼を育む「アシステンツャ=ともにいること」
・ネットワーク環境に対応する最先端設備の充実
・規則正しい生活習慣、予習・復習を徹底させ、学ぶ意欲を刺激する多彩な授業形態

スポンサーリンク

大阪星光学院中学校の過去問出題傾向

大阪星光学院中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
試験時間は120分、満点は60点、題材となる文章は、エッセー、説明的文章、物語文。文学的文章は、大きくまとめると、受験生とあまり年齢の離れていない人物が登場する作品が選択されています。時間のあるときに、いくつかピックアップして読んでみるとよいでしょう。

《算数》
算数は試験時間が60分、満点120点、毎年図形分野が全体の4割程度を占めており、図形分野の出題が多いことが特徴です。図形分野では「比を使った図形問題」「図形の移動」を中心に、文章題分野では「旅人算」「「場合の数」が頻出です。難問が2~3題ありますが、その他の問題に十分時間をかけ、ケアレスミスをしないように確実に解いていくことが重要となります。

《理科》
試験時間は40分で、80点満点の試験です。物理・化学・生物・地学の大問4題の出題構成で、30問近くの小問数です。出題の約70%が基本的な内容で構成されているのが特徴です。基本的な内容を再度反復することにより、「なぜそうなるのか」という理科の原点をより一層深く追求することが重要です。

《社会》
歴史分野はごく一般的な問題集などで、確認作業を地道に進めていけばよいと思います。テーマ地理のかたちで、環境問題についての国内の取組みと国際的な取組みは重要です。足尾鉱毒事件から四大公害裁判の時代、そして住民運動や行政・立法の対策の流れは知っておきましょう。時事問題はチェックすべきです。

大阪星光学院中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 大阪星光学院中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

大阪星光学院中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報