神奈川県立相模原中等教育学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

神奈川県立相模原中等教育学校受験をする際に、神奈川県立相模原中等教育学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。神奈川県立相模原中等教育学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
58
スポンサーリンク

神奈川県立相模原中等教育学校の評判

【神奈川県立相模原中等教育学校の紹介】
1985年 相模大野高校開校
2009年 中等教育学校として再編し開校

国際社会に対応する幅広い教養と社会性・独創性と豊かな人間性とリーダーシップを備え、よりよい社会の構築に貢献できる生徒を育てることを目標にしている県立中高一貫校で、「科学・論理的思考力」、「表現コミュニケーション能力」、「社会生活実践力」の3つの力を、教育課程の基盤としています。

神奈川県立相模原中等教育学校の教育方針

・人格の完成をめざし、高い知性と豊かな人間性をそなえ、心身ともに健全な、次世代を担う人材を育成する。
・科学的根拠に基づく考察などにより、様々事象を論理的に理解し、順序立てて説明する力を育てる
・相手の主張や状況などを的確に把握し、自己の考えや行動をその場にふさわしい方法で表現し伝えることができる力を養う
・さまざまな社会現象を多面的にとらえる知識や技能を持ち、課題解決のために活用できる力を育てる
・「読書・暗誦・ドリル」、「発表・質疑応答・レポート」、「探究・ディベート」という3つのメソッドを柱とする
・中高一貫教育をサポートする「体系数学」を用い、基礎期では代数分野と幾何分野に分けて学習
・PROGRESS IN ENGLISH 21を活用して授業を行う
・自然のさまざまな事象に対する関心を高め、科学・論理的思考力や探究する
・漢文を含め、古典等を短時間で覚え、全員で声をそろえ大きな声で感情をこめて暗誦
・冬には百人一首大会を開催し、我が国の言語文化に触れて豊かな感性を育む
・社会的な課題についての解決策を提案する発表を繰り返し行う
・歴史的な価値判断を伴う課題について、調べ学習を踏まえてディベートを行う
・職業人による出前授業」「事業所訪問」「職業体験」を通して職業について学ぶ
・キャリアプランニングで自己の在り方生き方を探求し、自分の進路目標実現にむけた力を育てる
・サイエンスチャンネルでは「理科」の授業と連携して、科学・論理的思考力を深めるための発展的な探究活動が行われている

スポンサーリンク

神奈川県立相模原中等教育学校の過去問出題傾向

神奈川県立相模原中等教育学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《適正試験》
出題のしかたを工夫して、「答えさえ出せばいい」という問題になることを避けています。
高得点を狙うには、出題者の意図を理解する力が必要です。解答形式も設問ごとに変わり、文章による記述のほか、円グラフの作成、図示、記入など様々です。出題傾向の違ういろいろな学校の過去問に取り組んで、対応力を高めましょう。国語は2題出題されています。
物語、詩、和歌俳句などの読解演習もしっかりしておきましょう。算数はパズル系といえる問題が数題出ていますが、情報を整理する練習さえしっかりしておけば大丈夫です。

《作文》
作文は面接の代わりと考え、手堅い表現、しっかりとした内容に徹しましょう。表記の減点箇所の数で差がつくことになるので、スキのない文を書く練習をしましょう。

神奈川県立相模原中等教育学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 神奈川県立相模原中等教育学校公式ホームペーシをご確認下さい。

神奈川県立相模原中等教育学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報