作新学院中等部受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

作新学院中等部受験をする際に、作新学院中等部の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。作新学院中等部の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
52
1.7
スポンサーリンク

作新学院中等部の評判

1885年 船田兵吾が下野英学校を創立
1947年 男女共学の作新学院中等部と改組し
1983年 英進コースを設ける

作新学院は本年創立128年を迎える幼稚園から大学院まで設置する総合学園です。

設者船田兵吾による建学の精神のもと、日本国憲法・教育基本法等を尊重し、「作新民」をモットーとして常に教育における開拓精神によって、時代に即応した特色ある私学教育を展開しており、知育・徳育・体育・食育とバランスのとれた教育で、学業はもちろん様々な活動を通して「生きる力」を培い、丁寧な指導で、それぞれの学力と可能性の伸長をめざしている学校です。

作新学院中等部の教育方針

・自ら学び確かな学力を身につけた生徒を育てる
・礼儀正しく挨拶がきちんとできる生徒を育てる
・明るく朗らかでがんばりのきく生徒を育てる
・優しさと思いやりの心をもった生徒を育てる
・「話す能力」「聞く能力」「話し合う能力」を身に付けさせる授業の展開を工夫
・全学年-週1回の漢字テストの実施・年間3回の漢字検定の実施
・1年生-硬筆検定3級受験(言語基礎知識の養成)
・3年生-日本語検定3級受験,小論文学習
・社会科は考える学習を多く取り入れ、自ら考えたことを表現する力を育てる
・数学は、少人数指導を推進し、習熟度別クラス編成による授業を展開
・基礎コース-基礎・基本の学力の確実な定着を目指す
・発展コース-個々の能力に応じた発展学習を取り入れる
・理科は「暗記する学習」から「理解し表現する学習」へ
・知識を有機的に結びつけ発展的課題の解決能力、表現発表能力の伸長をめざす
・英語は基礎学力に加え、発展的な言語事項の習得に努め、英語で自分を表現する力を養う
・英語検定を推奨し、3級以上の合格を目指す
・1・2年生-英会話のTT指導(外国人講師)、2年生-少人数授業(基礎事項の定着と発展学習)、3年生-習熟度別授業(問題演習)
・総合的な学習の時間には、1,2学年では国際理解を、3学年では情報処理を実施
・全学年朝の読書を毎日実施する(情報基礎)

スポンサーリンク

作新学院中等部の過去問出題傾向

作新学院中等部に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

作新学院中等部のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 作新学院中等部公式ホームペーシをご確認下さい。

作新学院中等部公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報