桜丘中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

桜丘中学校受験をする際に、桜丘中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。桜丘中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
48
1.1
スポンサーリンク

桜丘中学校の評判

1924年 前身である和洋裁縫研究所創設
1947年 中学・高校を設置
1999年 中高一貫の完全普通科体制になる
2004年 共学校となり、校名も「桜丘」に変更

「自立した個人の育成」を教育目標とし、社会で活躍できる深い教養を持ち、英語、情報の活用といったコミュニケーション能力に優れた人材を育てることを目指している学校です。

どうすればより効果的に学習できるかを「創意・工夫」することに、たゆまぬ努力をすることで、生涯学習につながる深い教養と知識欲、論理的な思考や繊細で豊かな表現力を身につけることを目標に掲げています。

桜丘中学校の教育方針

・成長力、伝達力、探求力という3つの力をバランスよく伸ばし、自立した個人を目指す
・ 国公立・難関私立大を目指した進学教育
・インターネットを活用した教育を実践
・英語は、日本人教師と外国人教師が協力して「使える英語」を指導
・英語・数学・国語は、全学年で習熟度別の演習・補習を実施
・MRC(メディアリソースセンター)を使って、インターネット活用能力やプレゼンテーション能力を高める
・1年次は8月に宿泊研修
・2年次は広島平和学習旅行へ2泊3日
・3年次は異文化体験旅行として、オーストラリアでホームステイを実施
・総合的な学習を支援するMRC、SMART Lab.など、インターネット環境が整った施設が充実
・落ち着いた雰囲気の校舎には、URC(大学入試情報センター)、自習室など完備
・オーストラリアに姉妹校があり、3年次に短期交換留学制度を実施
・高校ではアメリカ・オーストラリア語学研修もある
・火・木曜は弁当持参
・英語・情報の活用といったコミュニケーション能力に優れた人材を育てる
・シラバスや成績評価基準を公開し、生徒・保護者・教員の間で「何が行われ、何をすべきか」を共有
・桜丘では週6日制で授業
・教員間で教育環境のオープン化「授業観察・授業見学」
・教員・生徒が授業を見つめ直す「授業アンケート」
・検定教科書だけでは不充分な内容も、「オリジナルテキスト」にて読解力だけでなく、幅広い知識や教養)を補足
・英語や情報の授業で、プレゼンテーションやディベートを積極的に行う
・情報科では、ゲーム感覚で楽しみながら情報収集の練習ができる本校独自の検索コンテストを実施

スポンサーリンク

桜丘中学校の過去問出題傾向

桜丘中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

桜丘中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 桜丘中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

桜丘中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報