東京学芸大学附属小金井中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
東京学芸大学附属小金井中学校受験をする際に、東京学芸大学附属小金井中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。東京学芸大学附属小金井中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
59
3.4
スポンサーリンク

東京学芸大学附属小金井中学校の評判

1947年 東京第二師範学校男子部附属中学校として開校
2004年 現校名に改称

健康な身体とすぐれた知性と豊かな情操とを持ち、平和で民主的な社会の発展に貢献できる、自主的で創造性に富む国民を育成することを教育目標とし、思いやりや奉仕の気持ちを持つ生徒、創意を働かせ工夫する生徒、考えや気持ちを的確に表現できる生徒、他から学び自らを変革できる生徒の育成を目指します。

 

東京学芸大学附属小金井中学校の教育方針

・東京学芸大学の附属校として教育の研究や、学生の教育実習を盛んに実施
・生徒の学力に応じたカリキュラムを設定
・自然に恵まれ広々とした校地と充実した教育設備で、生徒はのびのびと楽しい学校生活
・制服は定めておらず自由な校風
・中学2年での「職業調べ」や「上級学校調べ」を通じて、自己実現のための進路指導
・50分授業、週29時間
・各学年で修学旅行がある
・合唱祭、学芸発表会、スポーツフェスティバル、校外学習などの行事も実施

スポンサーリンク

東京学芸大学附属小金井中学校の過去問出題傾向

東京学芸大学附属小金井中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
まず放送を聞いて答える問題があり、自分の考えと根拠を2段落構成(百字程度)で書く設問が最後に用意されている。どちらも短めの文章の小説と説明文の読解2題です。放送の聞き取り問題では、自分の考えを記述する設問が出題されます。高い表現力が求められる試験です記述も難しくはないが、試験時間が40分と短いので注意すること。

《算数》
計算問題と一行問題で合わせて5問、大問4題の問題構成。計算問題、平面図形の求積、作図問題、展開図などが頻出です。また、大問は一見取り組みにくい問題もあるが、題意をきちんと読み取ることができれば十分対応できる。試験時間がやや短いので時間配分に注意が必要です。柔軟な思考力が求められれる試験になります。

《社会》
2教科受験なのでありません

《理科》
2教科受験なのでありません

東京学芸大学附属小金井中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 東京学芸大学附属小金井中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

東京学芸大学附属小金井中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報