豊島岡女子学園中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
豊島岡女子学園中学校受験をする際に、豊島岡女子学園中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。豊島岡女子学園中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
70
2.8
スポンサーリンク

豊島岡女子学園中学校の評判

1892年創立の女子裁縫専門学校が前身
1904年 東京家政女学校と改称
1924年 牛込高等女学校を併設
1948年 豊島岡女子学園に校名変更

道義実践・勤勉努力・一能専念」という教育方針を掲げ、道義すなわち人として踏み行なうべき正しい道、優しさと思いやりの心を教えています。

また授業前五分間の運針、そして品位ある女性に成長して欲しいと願って和室・洋室での礼法・マナーを学ばせております。

創立以来の建学の精神を引き継ぎ、人としての正しい道と思いやりの心を大切にし、努力を積み重ね、才能をのばす教育を目指しています。

 

豊島岡女子学園中学校の教育方針

・特色ある教育としての毎朝の運針
・特色ある教育としての礼法・マナー教室
・全面芝生に覆われ植栽整備されたきれいな運動場
・10月には中学校・高等学校合同で運動会を開催
・高峰山麓高原の自然の中に林間学校がある
・3学期制、50分授業、週34時間
・小テストを小まめに実施して習熟度を確認
・問題集やプリント教材、LL教室、視聴覚器材などを活用して多角的にかつ効果的に学習
・英語は週6~7時間、数学は週5~6時間
・部活は全員参加
・「読み聞かせボランティア」は記念すべき30回目を迎えた
・「哲学カフェ」
・高校2年生の希望者を対象に能狂言鑑賞教室
・5月30日は例年、豊島区の「ごみゼロデー」に参加
・修学旅行(3年次、9月)は京都・奈良へ
・コーラス部はNHK全国学校音楽コンクール全国大会金賞・内閣総理大臣賞を受賞

スポンサーリンク

豊島岡女子学園中学校の過去問出題傾向

豊島岡女子学園中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
国語は試験時間が50分、満点が100点、設問数が30から35問程度となっており、試験時間のわりには問題数が多いと感じるかもしれません。問題構成としては文章読解が2題、漢字の書き取りが1題出され、解答形式は選択式、適語の記入、適文の書き抜き、2行程度の記述など様々な角度から国語の力が問われます。

《算数》
試験時間が50分、満点が100点、設問数は18問前後となっています。最初の2題が計算と一行問題、残りは2、3問の小問を持ったやや応用的な問題というオーソドックスな構成。り上げられる範囲は、概数、約数・倍数、場合の数、規則性、割合、比例、集合、グラフ、図形(展開図、求積問題、点の移動、角度など)、特殊算(旅人算、平均算、相当算、過不足算など)ととても幅広く、正確かつ単元ごとの穴が少ない算数の力が求められます。

《社会》
全範囲からまんべんなく出題され、時間配分も重要となるため、弱点を作らないバランスのとれた学習と、スピーディーに解答していくことが求められます。「地理」では、白地図とグラフを使いながら、まずは地域別に地勢をおさえ、「歴史」では、「いつ、どこで、誰が、どうして、何をして、どうなったか」をポイントに、歴史上の出来事の背景や原因、結果、歴史上の人物との関連性などをおさえていってください。

《理科》
理科の試験時間は「社会とあわせて50分」という設定となっており、設問数が20問程度ですから、25分を目安としてきちんと時間配分を行なう必要があります。解答形式は選択式が中心ですが、「物質とエネルギー」では計算問題も出ますので、対策が必要です。分野別に見ていくと「生物と環境」では受粉や、蒸散などの植物のしくみ、受精などの動物のしくみやヒトの体のしくみなどから実験・観察を中心に出題されます。

 

豊島岡女子学園中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 豊島岡女子学園中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

豊島岡女子学園中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報