横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校受験をする際に、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
45
1.9
スポンサーリンク

横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校の評判

1947年 神奈川師範学校男子部附属中学校として開校
1997年 現校名に改称

本校は教育基本法並びに学校教育法に基づいて、一般普通教育を行うほかに、教育人間科学部の学生のための教育実習を行い、県内外の学校および教育機関に対して、研究成果を発表し、教育界への貢献に努める使命をもっています。

また、海外帰国生徒に対する指導および帰国生徒教育についての研究を重ね、豊かな心を持ち、国際社会をたくましく生きていく生徒を育成します。

 

横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校の教育方針

・はっきりした自分の目標を持ち、自己実現をめざし、自分のよさを発揮する生徒の育成
・思いやりの心、互いの尊さを認め合い、共に生きることに喜びを見いだせる生徒の育成
・社会の一員であることを自覚し、力を合わせてよりよい社会の創造を目指す生徒の育成
・己の将来の夢を描くとともに,夢の実現へ向かう道筋を立てる
・職場体験学習を通して,地域社会を構成する職業について理解を深める
・日本の伝統や文化を築いてきた職業に就く人々の生き方や社会的責任について理解
・自己の将来を設計する力を身に付ける
・「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「態度」をバランスよく養う
・学習のゴール(育ってほしい姿)と授業をセットで考え実践
・観点別テストやパフォーマンス課題としてあらかじめ想定してから授業
・思考力・判断力・表現力等」を適切に評価するための方法や課題について検討
・「総合的な学習の時間[LIFE]」を中心としたキャリア教育の取り組み
・伝統的に合唱活動を重視
・50分授業、週29時間
・2・3年次の校外学習、陸上競技大会、合唱祭
・文化活動発表会、スキー教室、修学旅行(3年次、京都・奈良)

スポンサーリンク

横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校の過去問出題傾向

横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報