子供の反抗期!親は反抗期の子供にどう接し、どう対応すべきか?



3175-0
子供の反抗期に頭を悩ませている親は多いと思います。

反抗期の子供に対しての、どう対応したらいいのか分かりませんよね。好き放題させるわけにも行かないし、何か言えば口答えしたり、威圧的な態度を取ったりします。

さて、子供にどう接して、どう対応したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク


反抗期とは、どういう時期にあたるのか知る

子供の反抗期というのは、どういう時期なのかをまず、親が理解することが大切です。

子供が自分のことを考え、自立心を育て、自我を確立するのが反抗期の時期です。

子供は成長の過程にあり、反抗期と思うよりは、大人への成長の階段を歩んでいる時期です。

今までは、親のサポートを必要としていましたが、自分の力で考えて行動しようとする時期になったのです。

自分で問題意識を持って、自ら考えて行動することはいいことです。

その行動を陰ながら応援しつつ、大きな失敗をしないように、見守ってあげるといいと思います。

スポンサーリンク


反抗期の子供への対応の仕方は?

子ども自身が問題意識を持ち、行動することは嬉しいことです。

学校や周りの友だちも、反抗期の時期になると、同じ感性を持った子供同士が仲良くなり、一緒に行動したり、遊んだりするようになります。

親として、反抗期の子供が、校則違反や他人に迷惑を掛ける行為などの問題行為に対して、口をはさんでも受け入れようとはしませんよね。

ここが、反抗期の子供の難しいところです。

親が「あ~だ、こ~だ」というと逆に反発して、言うことを聞きません。

では、反抗期の子供に対して、どういう話をしたらいいのでしょうか?

親が見て間違っていることは「間違っている」と、はっきりと伝えることが重要です。

私もそうですが、ここで間違ってはいけないのですが、親としては「間違っている」だけではなく、他にも言ってしまいますよね。

そこを、抑えてもらい、手短に話しは伝えて、あとは子供に考えさせ、間違いに気がつくのを待つようにします。

他人に迷惑を掛けたり、度を超えた問題を起こさないように見守りながら、子供を信頼して、子供の反抗期を乗り切っていきましょう。

親が身構えていても、何の解決にもなりません。

気楽な気持ちで、子供に接していきましょう。

 

まとめ

親である自分が、反抗期だった時のことを考えてみると、その時の親の気持ちが痛いほど、分かりますよね。

後悔後に絶たずとは、よく言いますが、本当にそのとおりです。

だからと言って、自分の子供に、口うるさくいうことは、やっぱり反抗したくなりますよね。

自分がそうだったので・・・

子供を信頼して、楽な気持ちで話をすることが反抗期を乗り越える秘訣じゃないでしょうか。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報