理科実験の自由研究!CDスライダーで風船の空気の力を科学実験



a028
自由研究に何か一緒に作ってというので、今回は「CDスライダー」を子供と一緒に作ることにしました。

風船の空気の力でCDが浮くはずなのですが、最初は浮きませんでした。その原因も含めて紹介します。身近にあるものを使えば、簡単に作ることができますので、作り方の参考に。自由研究の課題にするので、それに沿った内容で記載していきますね。

スポンサーリンク

実験の目的

風船から吹き出す空気の力で浮くことが出来るだろうか?

準備したもの

a029
・CD(いらなくなったもの)
・風船(ふうせん)
・カッター
・はさみ
・セロハンテープ
・ビニールテープ
・しゃぼん玉の容器またはフィルムケース
・じょうぎ
・ストロー

使い終わったしゃぼん玉の容器を使った自由研究テーマです。低学年の子供でも出来る実験です。

実験で気をつけること

・カッターを使うため、ケガをしないように注意して下さい。
・はさみを使うので、指を切ったりしないように注意して下さい。

予想

風船の空気が勢いよく出ることで浮き上がると思う。

CDスライダーの作り方

a030
ストローを8cmの長さに切ります。

じょうぎを使って8cmの箇所を指で摘んで、はさみで切ります。

a031
ストローを切ったところです。

a032
風船の口をはさみで切ります。

a033
しゃぼん玉のフタの中心部分にカッターをあて、グリグリと丸い穴を空けます。今回使ったストローは6mmでしたので、ちょうどストローが通る穴を空けます。

a034
穴を空けたところです。

a035
風船の口にストローを差し込みます。

a036
差し込みをビニールテープで止めます。空気が漏れないようにしっかりと止めます。

a037
フタに空けた穴に風船をつけたストローを通します。

a038
フタにストローを通したところです。

a039
しゃぼん玉ケースの底にカッターで直径3mmの穴を空けます。

a040
しゃぼん玉ケースの底に直径3mmの穴を空けたところです。

a041
しゃぼん玉ケースの下の方にビニールテープまたはセロハンテープを巻きつけます。

a042
しゃぼん玉ケースから飛び出しているテープ部分に切り込みを入れます。

a043
しゃぼん玉ケースとCDをテープで止めます。これだけでは弱いので、テープをグルグルと巻きます。

a044
しゃぼん玉ケースとCDをテープでグルグル巻にしました。

a045
しゃぼん玉ケースとCDを取り付け、下からみた写真です。CDの穴の真ん中にしゃぼん玉ケースの底に空けた穴がきています。

a046
ストローから風船に空気を入れます。入れすぎて割らないように注意しましょう!

空気が漏れないように風船とストローの付け根部分を持ちます。

a047
CDにつけたしゃぼん玉ケースに、風船のついているフタを取り付けて準備完了です。

平らな箇所で実験をしましょう♪

スポンサーリンク

CDスライダーの動画

小学生の自由研究 CDスライダー 3mm穴 失敗



 

小学生の自由研究 CDスライダー 3mm穴 成功



小学生の自由研究 CDスライダー 4mm穴 成功



小学生の自由研究 CDスライダー 5mm穴 成功



小学生の自由研究 CDスライダー 5mm穴 成功


まとめ・感想

a048
膨らませた風船から吹き出す空気の力を利用したCDスライダー。

強い空気の力をしゃぼん玉ケースの底に空けた小さな穴から空気を出すことができます。

その空気が平らなCDとテーブルの間を通ることでCDが浮きます。CDが浮くとテーブルとのまさつが小さくなりCDが進みます。

今回、私はしゃぼん玉ケースの底の穴を3mmの大きさから実験しましたが1mmから1mm単位で大きくしていくことでより詳しいデータが取れると思います。

また、トイレットペーパーの芯や紙で的を作り、作成したCDスライダーで遊ぶことも出来そうです。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報