中学受験をした方がいいの?しない方がいいの?



223
中学受験は、高校受験や大学受験と大きな違いがあると思います。それは、義務教育である中学校なので、多くの人が公立中学にいくところを私立中学に行くということです。

高校受験と大学受験は義務教育では無いので、その違いは大きいと思います。

スポンサーリンク

中学受験の必要性について考える

 

私は、公立中学に通い高校受験をしました。高校受験でも十分にいい経験をしてきましたし、友達も多くいます。妻は、中学受験をして地元の有名私立女子中学に通い、中高6年間を過ごした人です。どちらも良いところがあると思います。

私立中学に行くことは、中高6年間一貫教育を選択する人が大半です。高校から入ってくる人は少なくしている高校が多く、一貫校に入るのであれば中学受験から入ったほうが有利だとは思います。

特に中学受験が必要かというとそんなことはありません。子供の考えを優先してあげることが重要だと思います。もちろん、中学受験という道があることを親が話しをすることはいいと思います。選択肢があることを知り、中学受験をして私立中学に行く道を子供自身が選ぶのであれば、応援してあげればいい。

子供にも個性があり、小学生の頃から勉強をする子供もいれば、小学生の頃はスポーツや友達と遊ぶことに時間を費やし、勉強をしない子供もいます。小学生の頃に勉強しない子供を勉強できる子供にするために、半強制的に塾に通わせたり、家庭教師をつけて勉強させようとしても一切、身になりません。なぜなら、子供は勉強をしたくないからです。先生の話が右から左に完全に抜けています。私がそうだったからです。

そのような子供に中学受験をさせても意味がありません。そのため、我が家では子供に私立中学という受験の道があることを話しました。
  • 中高一貫校なので受験は大学受験までなく、推薦が取れれば系列の大学までいけること
  • 6年間で自分のやりたいこと、なりたいことを見つけてその道に進んでいくこと
  • 中学受験をするのであれば、勉強時間を増やし友達と遊ぶ時間を減らすこと
  • 夜も勉強する時間を作り、テレビや早々に眠れないこと
などを伝えて子供にしばらく考えさせます。

スポンサーリンク


ピンと来ないことが多いですが、少しずつでも理解できるように話をします。そこで、子ども自身が目標を持って「中学受験をしたい!」と思うようになれば親は応援します。中学受験しないということであれば、スポーツでもなんでもやりたいことをやらせてあげればいいと思います。

中学受験をするのは子供です。子供の意志を尊重してあげた方がいいです。親が中学受験をしなさいと言っても勉強をしない子供であれば、集中できないし勉強が続きません。

妻は、私立中学校に通った人なので、6年間ゆっくりとした時間を過ごし、友達も中高と同じで、系列の大学に進学したことから大学までの10年間を同じ友達と過ごした学生生活は、とても楽しいものだったようです。

でも、私は高校受験です。小学校と中学校では勉強は全くせずにスポーツばかりをしていました。

私は、子供が親の言いなりで中学受験をして、親の期待を感じたり、もし全ての私立中学を失敗してしまったり、惨めな思いをしてしまうようであれば中学受験はしない方がいいと思います。そのフォローは親がきちんとしてあげる必要があります。そのため、子供の意志を確認して、中学受験をしたいという気持ちが子供になければしなくていいと考えています。

我が家の子供は、二人共、今の時点でなりたい職業を持ち、それに向かって勉強を頑張っています。途中でやりたいことが変わって、「中学受験をしたくなくなったら言いなさい」と。方向転換することは恥ずかしいことじゃないし、やりたいことがあるならそれをした方がいいと思うからです。

私は高校受験がちょっと大変でした。というのも中3の2学期まで全く勉強してなかったので、勉強はきちんとするようにしています。これは幼稚園の頃から早朝学習をして習慣づけてきました。勉強する習慣が大事だと思います。中学受験するにしても限られた時間の中で効率よく勉強するために早朝学習はいいです。

中学受験は、受験しなくてはいけないものではありませんので、選択肢のひとつとして認識しておくことでいいと思います。

中学受験が必要かどうかというのは、決めることはできませんが、選択肢の1つとして考えて、子供の意志を尊重してあげればいいと思います。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報