通学用に人気のスクールバッグ7選とリュック5選



5340-1
教科書やノートなどの教材や筆記用具などを入れるのに欠かせないスクールバッグですが、やっぱり周りの人とはちょっと違う可愛いものやカッコいいものを選びたいというオシャレアイテムの1つです。バッグにするのか、リュックにするのかも迷いますが、それぞれに良い所がありますし、2つ持って教材の量や天気・気分などによって変えてもいいですよね。

通学用に人気のスクールバッグとリュックについて紹介します。

スポンサーリンク

通学時の鞄はスクールバッグとリュックとっちがおすすめ?

5340-2
通学時の鞄は、リュックがおすすめです。なぜなら、荷物は手に持つよりも背負う方が、荷物を軽く感じられるからです。その上、リュックにすれば両手があくのでとても身軽です。

荷物が増えても手が空いているので、手荷物を持つのも苦になりません。通学時の鞄はスクールバッグよりも断然おすすめです。一度試してみれば、その身軽さが気に入るはずです。通学する時は、フットワークよく身軽に荷物を作り、颯爽と通ってみてはどうでしょうか。

でも、ファッションの一部としてオシャレな使い方をするのであれば、スクールバッグもおすすめです。

スポンサーリンク

通学時に使うスクールバッグの特徴

5340-3
通学時に使うスクールバックは、中学生になると指定されている以外は、自由に購入することができます。黒や紺のスクールバックが一般的です。バッグは、部活をしている男子であれば荷物が多くなるので、大きめのを選ぶといいです。女子も部活によって、毎日持っていく道具がある場合には、大き目の方が便利です。

学生服を取り扱っているお店や、通販サイトでも、さまざまな種類のスクールバックが売られているので、機能性や、価格、大きさを重視して、通学バックにふさわしいものを選びましょう。

 

通学時に使うリュックの特徴

5340-4
通学時に使う良質なリュックの特徴としては、防水性に優れたものや長時間使っても、背中が蒸れにくいリュックなどが挙げられます。また、ファッション性に優れたリュックなら、お子さんも毎日楽しく使うことができます。

安いリュックは防水性能が低かったり、破れたり、破損しやすい素材を使っているため、学校卒業までに何度か買い換えることがあります。質のよいリュックを購入することで、買い換える必要がなく卒業まで大事に使ってもらいやすくなります。お子さんの意見を聞きながら、インターネットを利用して一緒に良いリュックを探してみるのもおすすめです。

 

大人気のスクールバッグブランド:フィラ(FILA)

5340-5

中・高校生に絶大な人気を誇る「 フィラのスクールバッグ 」。ナイロンバッグの中でも、トップクラスの品質となっており、しっかりとした形状が人気の理由です。価格は、約5,000円程です。

主流の色合いとしては、ネイビーのナイロン生地に、手元が薄い水色で彩られていたります。制服と合わせやすいカラーで、見た目も爽やかです。3年間しっかりと使用することができる丈夫な造りが自慢のフィラのスクールバッグ。

 

大人気のスクールバッグブランド:バービー(Barbie)

今人気の「 バービーのスクールバッグ 」ですが、汚れてもお手入れが簡単なナイロン製で、とても軽いのが特徴です。価格は大きさや素材にもよりますが、3千円~7千円程で購入可能です。

見かけは普通のスクールバッグですが、中は可愛いピンク色でラメ入りのロゴが付いています。前側のファスナーポケットには、普段よく使うスマホやペンがさっと取り出せるファスナーポケットが付いていて、また、小さなポケットもついていて、A4ファイルやノート、お財布、ポーチ等、たくさん入れて持ち歩きできます。

 

大人気のスクールバッグブランド:エル クラス(ELLE Class)

エルクラスのスクールバッグ 」は合皮でとてもお手入れがしやすく、肩にかけるのにちょうど良い長さになっています。価格は大きさや素材にもよりますが、だいたい3,000円~5,000円位です。

普通のスクールバッグのようで、中を開けるとハートやリボンのとても可愛いモチーフ付きで、外側にもエルクラスの文字が刺繍されていておしゃれです。内側にはペットボトルホルダーが付いていたりするので、下の方でごろごろしがちなペットボトルもすっきりと収納できます。その他、A4ファイルやノート、お弁当やお財布、何でも必要なものがしっかりと入るバッグになっています。

 

大人気のスクールバッグブランド:イーストボーイ(EAST BOY)

スクールバッグは毎日使う物なので、デザインだけでなく丈夫で使い勝手の良さも重要となります。「 イーストボーイ 」は7,000円台から12,000円弱のものまであります。

合皮バッグは、二層式で軽量のものやエンボス加工を施した商品で、ポケットが多く荷物の整理にとても便利。合皮バッグは3WAYタイプもあります。

ナイロンバックも、二層式の物や大き目サイズもあります。斜め掛けで使えるショルダーナイロンバックや摩擦や擦り切れに対し耐久性の強いコーデュラ生地を使用したスクールバックもあります。EASTBOYはかわいい女神刺繍が一番の特徴です。

 

大人気のスクールバッグブランド:オリーブ・デ・オリーブ(OLIVE des OLIVE)

スクールバッグは、あまり派手なキャラクターが付いたものは、避けたほうがいいです。「 オリーブ・デ・オリーブのスクールバッグ 」は、落ち着いたデザインで派手さがないので、学校の持ち物を入れるのにぴったりです。

リーズナブルな価格で、縫製もしっかりしているので、傷みにくく、丁寧に扱えば、卒業まで使えます。使い勝手のいいポケットや、本や物が取り出しやすいように口が大きく開くなど、使いやすい工夫がいっぱいです。価格は4,000円~6,000円です。

 

大人気のスクールバッグブランド:ファンタージェン(Fhantasien)

5340-6

女子高生の間でひそかに人気が出ているのが「 ファンタージェンのスクールバッグ 」です。種類やカラーが豊富で、合皮タイプが13種類、ナイロンタイプが14種類もあります。

女子高生に人気のお菓子のキャラクターとコラボしているタイプもあり、サイドのポケット部分にキャラクターデザインがされています。ファンタージェンの人気の秘密がバッグの底にある大きな隠しポケットです。ファスナー付きなので、秘密の物も入れられます。

 

大人気のスクールバッグブランド:アディダス(adidas)

アディダスのスクールバッグ 」は男女どちらでも持つことができるシンプルさが特徴です。持ちてが長めで肩に掛けやすく、ナイロン素材なので軽量です。擦れやすいコーナーを補強してあり丈夫です。メイン部分は大きめで部活の持ち物などが容易にいれられます。

全面のファスナーポケットには、モバイル、ペンホルダーなどの小物収納ができるポケット付きで、荷物をすっきり収納できます。パスケースなどが掛けられるDかんも付いていて便利です。価格は5千円くらいです。

 

通学に人気のリュック:ケルティ(KELTY)

教科書や筆記具、スマホやその他部活動に必要なものなど曜日によって入れるものも変わってくます。そんな時に便利でお洒落で丈夫な入れ物が「 ケルティのリュック 」です。

落ち着いた雰囲気で制服にも似合います。少々乱暴に扱っても簡単に破けたりしないタフさも持っています。なんといっても値段も手頃で学生にはピッタリです。価格は5,000円~20,000円程です。

 

通学に人気のリュック:ザ・ノースフェイス(THE NORTHFACE)

今も昔も変わらぬ人気があるのが、「 ザ・ノースフェイスのリュック 」です。長く使っていても飽きのこないデザインと優れた機能性が特徴です。見た目の美しさだけではなく、荷物を入れるためのものであるという本来の目的を強く意識した作りです。実際に使うと、ぱっと見のイメージよりもたくさん入ることに驚きます。最近では四角いデザインのものが爆発的な人気を博しています。

ザ・ノースフェイスのリュックは概ね六千円代から2万円弱という価格帯です。値段以上の価値がある優れた商品ばかりです。

 

通学に人気のリュック:チャムス(CHUMS)

大人気の「 チャムスのリュック 」ですが、代表的な商品の中にスウェット素材のデイパックがあります。外側はとても優しい素材を使用しているのですが、内側はしっかりとしたナイロン製で、ジッパー付きのポケットもあり、大変実用的です。

ロゴ入りプリントの物や、ボーダー柄、カラフルな色あいのものなど、種類も豊富にあり、オシャレなリュックです。価格は8,000円前後ですが、少し大きめのバックパックですと1万円から1万2千円位となっています。

 

通学に人気のリュック:アディダス(adidas)

学校へ通う際におすすめなのが、「 アディダスのリュック 」です。スポーツブランドの超大手であるアディダスだけに、リュックも軽くて丈夫で、たくさん教科書などが入るように中も広めに作られているものが多いです。カラーも豊富で、明るいデザインが多く持っているだけで楽しくなってしまいます。

価格としては、大きめのサイズ5,000円前後となっております。通学にも普段使いにも使用できる、オシャレでスポーティーなデザインが目を引きます。

 

通学に人気のリュック:アウトドア(OUTDOOR)

カラーが豊富でデザインもシンプル、通学に使用するリュックにぴったりのブランド、アウトドア。持ちやすさと軽さ、オシャレな色合いが魅力的です。生地の素材も幅広く、スエット素材やコットン素材など、気分に合わせて選ぶことが出来るのも特徴です。

価格としては、3,000円~5,000円程となっております。水筒や教科書などもしっかり入るゆったりサイズ、型崩れしづらい形状が「 アウトドアリュック 」の人気の理由となっております。

 

まとめ

スクールバッグがいいか、リュックがいいか迷うことがありますが、リュックのほうが身体への負担が少なく、重さを感じさせない構造になっています。スクールバッグは手に持ったり、肩に掛けて移動するのでどうしても1点に重さが集中してしまいます。

でも、オシャレ使いする鞄としてはスクールバッグは女子の間では人気です。

余裕があれば、スクールバッグとリュックを準備して、荷物の量や気分で使い分けるようにしてあげるといいと思います。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報