雨の日に付けるランドセルカバーの必要性・特徴・値段の目安



5335-1
ランドセルカバーは、雨や汚れからランドセルを守る役割があります。小学校に入学した1年間、小1の子供は交通安全の黄色いランドセルカバーを付けて登校するところが多いので、ランドセルカバーが必要になるのは小学2年生以降になると思います。

可愛いデザインのランドセルカバーで、汚れや傷を付けないようにして、6年間使い続けられるようにするといいと思います。

スポンサーリンク

雨の日のランドセルカバーの必要性

小学生のランドセルは、日本独自のもので、大変機能的です。前からぶっかったりして、後ろに倒れても後頭部をランドセルがクッションとなって保護してくれるため、大きなけがに至らぬという役割もあります。また、逆に後ろからぶつかられたりしても、ダイレクトに衝撃を受けずに体を保護してくれます。

そんなランドセルを大切に長く使うためには、素材を長持ちさせる必要があり、雨や傷、紫外線による劣化を防ぐためにも、ランドセルカバーで保護することで、綺麗に丈夫なランドセルを維持できると言えます。

スポンサーリンク

ランドセルカバーの特徴

ランドセルを傷や汚れから守るために専用カバーです。最近は購入時に付属品として付いてくることも多いです。

中が透けて見える透明なビニールタイプや、子どもの好むデザインやキャラクターをあしらったもの、低学年の児童には交通事故防止のための目立つカバーもあり、用途や子どもの希望にあわせて選ぶことができます。

本来ランドセルは丈夫に作られていますから多少の傷や水濡れも平気です。それでも6年間使うことを考えれば、ランドセルカバーを使うことも1つの方法です。

ランドセルカバーも長持ちしますし、子供が少しくらい乱暴に扱っても破れることもありません。

 

ランドセルカバーの値段の目安

5335-2
ランドセルカバーは、透明なシンプルなデザインであれば1,000円程度からあり、可愛いデザインであれば3,000円程で買うことができます。そんなに高いものではありませんので、6年間ランドセルを使うことを考え、汚れや痛み具合を最小限にしたいならランドセルに付けておくといいです。

 

まとめ

低学年の子供は、透明なデザイのランドセルカバーをしていることが多いです。ランドセルのデザインを見せたいと思うからでしょうね。刺繍があったり、お気に入りのカラーのランドセルだったりするので。

でも、高学年になると色の付いたランドセルカバーが多くなります。低学年のときは刺繍などのデザインが可愛かったものが、高学年になるとちょっと恥ずかしくなり、ランドセルカバー隠してしまうということでも使われています。

人気のランドセルカバー 」を確認して、そのときに合ったものを選んで購入するといいです。


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報