ランドセルの上から羽織れるレインコートはとても便利でおすすめ



5332-1
小学校に通うときにあると便利なランドセル対応のレインコート。特に低学年のうちは雨ガッパを着ていくとこで、ランドセルだけではなく子供も濡れないようにしてあげるといいです。梅雨時期と雨の日だけしか使わないので、使う時期は短いかも知れませんが、遠足などのときなどに持っていて良かったと思うことがあります。

低学年のうちは、ランドセルの上から羽織れるレインコートはとても便利でおすすめです。

スポンサーリンク

ランドセル対応のレインコートの必要性

厳しい風雨の中で外を歩く場合、傘だけでは全身ずぶ濡れになってしまうことも少なくありませんが、そんな中でもしっかりと雨から身を守ってくれるのがレインコートです。

手が塞がることがないため、傘よりも安全に歩くことができる点もメリットですが、小学生のために購入する場合、ランドセル対応のものを選ぶことが必要となります。ランドセルの上から羽織ることができるレインコートでなければ、大切な教材などが濡れてしまうため、購入の際には対応しているものを選ぶようにしましょう。

レインコートを着て、傘をさしている小学生もいます。

スポンサーリンク

ランドセル対応のレインコートの特徴

小学生が、雨が降ったときに着用するランドセル対応式のレインコート。

特徴としては、大きなランドセルもすっぽりと覆いかぶせることが出来る背中の部分です。背中の部分に大きく深いプリーツが付いているものもあり、小学生の太ももあたりまですっぽりと覆い尽くすように計算されています。

小学生は、荷物をたくさん持って登下校する機会が多くありますので、傘を持たずに歩くことが出来ると、とても楽ちんなんです。可愛らしいデザインも豊富に揃っているので、お出かけの際にも便利です。

 

ランドセル対応のレインコートの値段の目安

小学生になると、ランドセルは毎日背負って学校へ行く必須アイテムですよね。そんなランドセルをすっぽりと覆いかぶせてしまうレインコートは、雨の日などはとても便利です。一般的なレインコートですと、小学生の体のサイズに合わせて作られていますので、一緒に被ることは出来ません。

そんな便利なレインコートの値段の目安としては、シンプルな柄なしのタイプで1,000円未満、イラスト入りのポップなデザインのタイプで3,000円程となります。オシャレなデザインのものがたくさん揃っています。

 

まとめ

子供用のレインコートは、袖の内側にゴム付きの隠し袖があり、背中には反射テープも付いているので、安全性に考慮されています。子供の成長は早いですが、入学時に購入したレインコートは3年間は使えると思います。

売れ筋のレインコート 」を確認して、デザインや柄、値段を確認しておくといいと思います。


スポンサーリンク


 


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報