自転車通学のときにおすすめのレインコート4選



ame
自転車通学するときに、そうしても必要になるのがレインコートです。毎日晴れであればいいですが、雨や雪の日がどうしてもあります。以前は、ドン・キホーテの安いレインウェアを購入しましたが、腕の袖から雨が入ってきたり、自転車に乗ると上着の下のほう、太ももに当たる部分が凹んでいて、そこに雨が溜まって、それがレインコートのスボンに滴り落ちて、スボンが水を浸透させて制服が濡れてしまうということが何回あったことか。

レインコートはどれも同じと思って、安いものを使っていましたが、しっかりとしたレインコートを選ぶことが、長持ちしますし、雨の浸透も少なく、雨の日の自転車通学を安全に運転するためにも、良いレインコートやレインウェアを選ぶといいです。

スポンサーリンク

自転車通学のときのレインコートの必要性

5311-1自転車通学のときには、傘を使うことは禁止されているため、レインコートは必須になります。雨から身を守ることで、体温の低下を防ぎ、体温を安定させるためにも欠かせない道具です。体全体が濡れてしまえば、ハンドル動作やペダリングにも影響が出て、安全な運転ができなくなります。レインコートを着用すれば、雨粒は瞬時に落ちて、不快感も軽減します。傘を使うことがないため、体勢を崩すことがなく、安定して自転車を漕ぐことができます。

 

自転車通学のときのレインコートの値段の目安

種類はスタンダードな上下タイプで4000円から6000円ぐらいで、ポンチョタイプは少し安く1500円から3000円の範囲で手に入ります。また形以外にも、ナイロンや塩化ビニールなど素材や撥水加工などでも値段は変わってきます。

値段の範囲はあくまでも目安ですので詳細を知りたい方は、実際の店舗に行くかインターネットショップで検索してみると、どのくらいの価格なのか分かると思います。

スポンサーリンク

自転車通学のときにおすすめのメンズレインコート

男の子のお子さんが毎日安全に自転車通学を続けるためには、できるだけ良質なメンズレインコートを購入してあげた方が良いです。安いレインコートでは蒸れてきて不快感が強くなる上に雨から身体をしっかりと守ることができなくなります。

レインコートでおすすめなのは透湿性に優れた商品です。雨をしっかりと防ぎながら、レインコートの内側にたまった湿気を外に逃がしてくれるので、蒸れる不快感を軽減することが可能です。雨天時の自転車通学のストレスを軽減するためにも、できるだけ「 高品質で機能性に優れたメンズレインコート 」を購入することをおすすめします。

 

自転車通学のときにおすすめのレディースレインコート

お子さんに安全に自転車通学をしてもらうには、レインコートの質にこだわってあげることが大切です。防水性能や透湿性能の低いレインコートだと風邪を引いてしまいますし、自転車用にデザインされてないレインコートの場合は、レインコートが巻き込まれて転倒するおそれもあります。お子さんを雨の日の通学時に危険に晒してしまうことを避けるためにも、口コミ評価の「 高い機能性に優れたレディースレインコート 」を買ってあげることをおすすめします。

 

自転車通学のときにおすすめの東レレインコート

自転車通学のときにおすすめできるレインコートは、「 東レレインコート 」です。東レレインコートは、防水性の高い生地が使用されており、実用性が追求されています。また、無数の小さな穴が空いている構造になっています。この穴は雨粒よりも小さいため、外側からの雨粒は通しませんが、衣服の中の水蒸気となった汗は通すという性質をもっています。更に、生地の表面に撥水コーティングが施されており、水滴をはじくことができる優れた素材になっています。

 

自転車通学のときにおすすめのモンベルレインコート

自転車専用に設計された「 モンベルレインコート 」があります。レインコートを着て自転車をこぐと熱く中が蒸れて不快な思いをしてしまいます。そこでモンベル独自の高機能素材は高い防水性を備えながら、汗をかいた際に水分を含んだ熱気をウェアの外に放出する透湿性の機能を持ち合わせた最高の素材が使用されています。

また、ペダルをこぐと内腿や裾部分が擦れが発生し、素材によっては破れてしまいます。そんな弱点部分をしっかり補強されているので長く使用できお勧めの商品です。

 

まとめ

雨の日の自転車通学を快適なものにするためにも、もう1つおすすめしたいのが「 シューズカバー 」です。レインコートを伝って雨が下に落ちていき、靴に雨がずっと滴り落ちている状態になり、学校に着く頃には、靴の中が水たまりになり、靴下はビショビショ。靴下が濡れることでズボンが濡れることになります。

そこで、シューズカバーを着用することで靴も靴下も濡れないようにすることができ、雨の日でも快適に自転車に乗ることができます。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報