受験生はインフルエンザ予防接種を2回受けたほうがいい?接種する時期はいつが最適?



5113-1
受験生を抱えている親にとっては、受験生の健康管理が一番大切なことですよね。受験日に風邪を引いたり、インフルエンザになって受験できなくなったなんてことになったら、今までの受験勉強が水の泡となってしまいます。

今まで、受験に向けて頑張ってきたのに悔やんでも悔やみきれません。そこで、受験生がインフルエンザ予防接種を受けるのに最適な時期と、1回接種でいいのか、2回接種がいいのかインフルエンザ予防接種を受けてきた病院の先生に聞いてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種は1回?2回?どっちがいいの?

13歳以上はインフルエンザ予防接種が1回接種が当たり前になっています。私たちは1回接種で十分にインフルエンザ感染したときに効果を発揮するものと思い込んでいますが、実は違うようです。

かかりつけ医の先生によると、インフルエンザ予防接種は1回接種の有効率は64%で、2回接種の有効率は94%だという研究結果があるそうです。

そのため、受験生に関しては2回接種をおすすめしますとのことでした。

スポンサーリンク

受験生が予防接種を受ける最適な時期

インフルエンザ予防接種を受ける時期は逆算していくといいです。

・インフルエンザ予防接種後、抗体ができるまで約2週間掛かります

・インフルエンザの抗体がピークを迎えるのが抗体ができ始めてから1ヶ月後

・インフルエンザの抗体は3ヶ月目以降から減り始める

受験は1月と2月が一番多い時期になるので、それに合わせて受験生は予防接種を受けるようにします。

1回接種の人は

11月中旬にインフルエンザ予防接種を受けるといいです。

抗体が出来るのが12月上旬で、効果がピークを迎えるのがその後、1ヶ月後なので正月が終わった頃がピークになるように接種するといいです。

 

2回接種の人は

1回目は11月中旬、2回目は12月上旬から中旬にインフルエンザ予防接種を受けるといいです。

2回接種の場合は、抗体のピークが1月中旬頃になるようにして接種するといいようです。1月と2月がピークになるように2回接種のときは受けるといいです。

 

感染しないための予防対策

インフルエンザ予防接種を受けていても、感染するときは感染してしまいます。そのため予防対策を日頃からしておくことも重要ですし、家族も一緒に予防接種を受けたりと対策しましょう。

・外出するときは必ずマスクをする

・外出先から戻ったら手洗いとうがいをする

・アルコール消毒をする

できたら、家の中でもマスクをしておくといいと思います。


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報