青山学院中等部受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

青山学院中等部受験をする際に、青山学院中等部の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。青山学院中等部の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
64
4.0
スポンサーリンク

青山学院中等部の評判

【青山学院中等部の紹介】
1946年 青山学院中等部構想が誕生
1947年 第1期生の入学式を挙行
1975年 礼拝・下校を告げる「飛翔の鐘」を建設
1997年 青山学院中等部の50年を発行
2003年 韓国・学校訪問プログラムを開始

青山学院中等部は、人を大切にする心を育てる教育をしています。

友達を大切にして敬うことが、仲良くする基本となり、競争ではなく、協力することで才能を開花させ、使命を全うできる人生をおくれることを学びます中等部では、キリスト教信仰にもとづく人格教育を重視しています。

校内の特別清掃や老人ホームの慰問など奉仕活動の一環として行われ、クリスマスやイースターなどの宗教行事は中等部の学校生活の大きな節目となっています。

青山学院中等部の教育方針

・ゆとりを持ちながら基礎学力の充実をはかっている
・理科や技術家庭科では実験・実習を重視
・選択授業も中等部の教育の大きな特色
・20以上の講座は、韓国語・中国語・株式ゲーム・名画の模写など
・徒は自分が関心あるものをさらに深めていくことができる
・男女が互いに協力する姿こそが自然であるとの考え
・授業やクラブ活動、クラスの運営もすべて男女が一緒に行っている
・確実な基礎学習と思考能力の修得に力点を置いている
・厳粛な面とともに、校風の明るさ
・アジアの近隣諸国との国際交流も活発

スポンサーリンク

青山学院中等部の過去問出題傾向

青山学院中等部に入るためには、問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
随筆、物語、論説、詩とバランスの良い出題です。文章の好き嫌いが無く、しっかりとした言葉の知識が求められます。文章読解というかなりボリュームのある内容となっておいます。解くスピードと正確さが求められますが、慣用句などの言語要素を含めて、いろいろな文種をまんべんなく学習することが必要となります。

《算数》
基本レベルの問題が大半ですが、問題量が多く時間配分に注意が必要となります。計算問題、特殊算を含む文章題、図形、比、場合の数など頻出単元を中心に確実に点を取れるようにしましょう。立体図形の円柱や円すいには体積比を利用する難度の高い問題がよく出題されています。合格者平均点が高いことを考えると8割くらいの得点を目標にしましょう。

《社会》
標準的なレベルの問題が多いです。設問形式が誤答選択中心なので、普段の学習から紛らわしい事柄を整理して覚えるようにしましょう。歴史分野のウエートが約4割とやや高くなっています。地形図、グラフ、絵からの読み取り問題が多く、時事関連の出題もありことがらについて自分の考えをまとめることが出来るようにしましょう。

《理科》
試験時間の割に問題数が多くなっております。解答形式は選択式と適語の記入ですので、時間配分を注意すれば、攻略できる問題数です。出題内容は基本的なことがらを中心に全範囲からまんべんなく出題されますので、苦手な単元をつくらないことです。まめ電球と電流、てんびんと力を重視する物理分野は、苦手意識を無くし取り組む必要があります。

青山学院中等部のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 青山学院中等部公式ホームペーシをご確認下さい。

青山学院中等部公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報