市川中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

市川中学校受験をする際に、市川中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。市川中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
62
2.0
スポンサーリンク

市川中学校の評判

【市川中学校の紹介】
1937年 学校法人市川学園設立
1947年 学制改革により新制市川中学校となる
2003年 女子を募集して、共学校となる
2009年 文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受ける

学校法人市川学園が経営する私立中高一貫制男女共学校です。中高一貫教育、男女共学、授業五日制、土曜ゼミ・土曜講座による意義ある授業体制を整えているのが特色の市川中学です。

図書館を中心とした学習のための情報拠点は、8万冊の蔵書とコンピュータ管理されてた情報システムが導入されています。

先生も生徒も優しく良い人が多いため、食らいついて勉強するだけの価値のある千葉の中学です。

市川中学校の教育方針

・生徒一人の個性を見つめ育て、自分で自分を教育していく
・学ぶ喜びと生きる力を大切にする教育
・独自無双の人間観・よく見れば精神・第三教育の三本の柱の教育
・異なった可能性を持つ個人と個性を尊重
・勤勉努力することの誇りと楽しみを知る
・環境・設備は整っているが、特に運動施設には目を見張る
・全館無線LAN完備であり、多彩なメディアを活用して充実した教育
・2009年度に文科省よりSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受ける
・課題を見つけ発表する能力を養う
・2010年度より6日制となり英数を中心とした授業時間を確保

スポンサーリンク

市川中学校の過去問出題傾向

市川中学校に入るためには、問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
論説・説明文、小説・物語文、漢字の書き取りで構成されています。難関私立中学としては、文章量が多くなく定評のある作家から題材とした文法や読解問題が選択肢と記述式で出題される傾向があります。素早く正確に読解する力を求められますので、過去問などの問題集にて慣れておくと良いでしょう。

《算数》
計算問題が出題されない年度もあり、入試問題の傾向と対策を取るのがとても難しいですし、問題の難易度もばらつきがあります。長文問題や表現が複雑な問題も過去には出題されていますので、丁寧に問題を解いていくことで対応出来ると思います。一行問題分野からは割合・比や数の性質など基本的な標準レベルの問題も出題されますので、難問は捨てて、出来る問題で確実に得点を取れるようにすることが合格へのポイントになると思います。

《社会》
歴史と地理の問題は基本的な標準レベルの問題構成で知識問題となっています。過去問題のテキストに頼ってしまうと最新の時事問題に弱くなりますので、新聞やニュースにも興味を持つことが必要です。政治問題や公民問題は最新の参考書を購入して幅広い知識を加える勉強法の仕方が良いでしょう。

《理科》
文章量がかなり多く、問題文の内容を素早く把握する読解力、語呂合わせなどによる暗記、、実験や観察データから思考力を問われる問題は難易度が高いので、問題集だけでなく対策が必要です。天体・てこ・電気などの小問数は毎年の傾向からすると基本的な問題が多いので、確実に点数を取っておきましょう。

市川中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 市川中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

市川中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報