和洋九段女子中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

和洋九段女子中学校受験をする際に、和洋九段女子中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。和洋九段女子中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
35
1.1
スポンサーリンク

和洋九段女子中学校の評判

【和洋九段女子中学校の紹介】
1897年 和洋裁縫女学院として創立
1992年 校名を和洋九段女子中学校・高等学校に変更

私立女子完全中高一貫校です。校訓を「先を見て齋える」(将来を見据え今何をすべきか考える)とし、実現のための教育活動を行なっています。

生徒が「わかる・楽しい」と思える授業を実践し、進路指導の充実・国際理解教育の充実・道徳教育の充実を行なっています。

和洋九段女子中学校の教育方針

・中学校に2時間の選択授業が用意されている
・知的好奇心・探求心を育て、将来の進路希望や夢を大きく叶える
・自己の興味関心から発展させた課題を解決する
・校内家庭教師、放課後の補習、長期休業中の講習などの支援
・日本文化を身に着けた国際人を育てる
・英語の話せる国際人を育てる
・人間として尊敬され広い視野と豊かな心を育む
・諸外国との友好関係樹立に貢献出来る人材を育てる
・人に寄り添い、気遣いができる人間を育てる

スポンサーリンク

和洋九段女子中学校の過去問出題傾向

和洋九段女子中学校に入るためには、問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
基本的な読解・漢字・熟語・語彙・俳句・文法などの知識問題と聞き取り問題が入試試験に出てきます。試験時間に対して問題数は多くないため丁寧に問題を解いていくことをおすすめします。決して焦ることはありません。過去問題集を中心に行うことで受験対策は可能だと思います。

《算数》
総設問数20問の問題構成となっています。四則計算や還元算からなる計算問題と一行問題では、規則性や公式・方程式をきちんと覚えてつまずかないようにしましょう。基礎問題が中心に入試問題は作成されていますので、苦手な分野を作らずに各分野で得点できるように繰り返し基本問題を繰り返し、素早く正確に答えを導き出せるようにしましょう。

《社会》
選択式の問題がほとんどですが一部記述式も出題されます。地理・歴史・政治・時事問題・地図・公民の各分野からの問題出題ですので、幅広い範囲から出題されますので漢字での書き取りなど日頃から勉強の仕方に注意しておきましょう。新聞記事などの資料が多用されていますので資料の読み取り能力が必要です。

《理科》
生物・化学・地学・物理からバランスよく出題されます。基礎的な問題がほとんどです。生物・からだ・動植物の融合問題、水溶液や物質・気体の発生装置・中和反応、運動・つり合い・電気回路・音、天体・流水・地層・気温などが出題されます。問題集や参考書などの内容をきちんと暗記して対策をしましょう。

和洋九段女子中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 和洋九段女子中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

和洋九段女子中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報