穎明館中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

穎明館中学校受験をする際に、穎明館中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。穎明館中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
55
2.0
スポンサーリンク

穎明館中学校の評判

【穎明館中学校の紹介】
1985年 学校法人堀越学園が設置法人となり、穎明館高等学校を創立
1987年 穎明館中学校を開校
2007年 高校での生徒募集を停止し、完全な中高一貫校となる

21世紀の国家を担い国際社会に羽ばたく真のリーダーを育成するという志のもと、「責任のある自由」を理解し、学力と人格のバランスのとれた教養人を育てるため、教育環境を拡充させ、あらゆる方面で活躍できるような魅力的な人物の育成に力を注ぐ学校です。

穎明館中学校の教育方針

・個別補修や再テストを実施する等、理解できるまで繰り返し指導を行う
・主要教科の授業時間数を多く設定し、中高一貫の長所を生かした効率的で濃密なカリキュラムを編成
・文化祭や体育祭などの行事も中高一緒に開催されており、タテの“絆”を大事にする
・クラス単位で取り組む行事や、仲間との絆を深める機会が多いためヨコの“絆”も深い
・先生がたの「面倒見の良さ」が特色であるように、一生の師との出会うことができる
・文化祭や体育祭、球技大会、林間学校、体験学習など、各学年ごとに多彩なイベントが数多い
・緑豊かな高尾の自然に囲まれた、たいへん恵まれた環境で6年間を過ごすことができる
・食時にスクールランチ(給食)を提供
・部活動への参加率は約90%
・生徒会長と副会長は、全校生徒による選挙によって選出される
・情報教室には、1人ひとりが操作するPCを設置
・屈折望遠鏡は、コントラストが高く画像がシャープなのが特徴で、天井のドームが回転
・約3万2000冊(2012年4月現在)の蔵書がある蛍雪図書室開放

スポンサーリンク

穎明館中学校の過去問出題傾向

穎明館中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
物語文・説明文の2題構成で、心情把握・論旨展開の理解を問う問題が中心となります。適語適文補充、指示語、作品鑑賞、段落吟味、副詞、語句の意味などが問われます。記述も多数出題され、記述力と細部にわたる読解力が求められます。

《算数》
基礎から応用まで幅広く出題され、問題そのものの難易度が高いため思考力も試される試験です。計算問題1問、一行問題4問、大問4題の問題構成。応用問題では「場合の数や規則性に関するもの」「平面図形・立体図形」「つるかめ算など特殊算」がよく出題される傾向にあります。

《理科》
実験・観察・観測をもとにした問題が多く、難易度は高めです。動植物の知識、天体と気象に関する問題、「物理とエネルギー」などの比重が高いです。時事問題なども、独特な形式で出題されるため、普段からの関心、幅広い知識・思考力が要されます。身の回りの事柄への興味・関心を試す問題で、十分な対策を行うことが必要です。

《社会》
基礎知識を試す適語補充・記号選択が多い反面、図表の読み取りには思考力が必要となります。特に歴史分野では、写真や絵などの史料が多用される傾向があります。用語記述は漢字指定が多いので、しっかり対策をしましょう。

穎明館中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 穎明館中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

穎明館中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報