江戸川女子中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

江戸川女子中学校受験をする際に、江戸川女子中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。江戸川女子中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
52
2.7
スポンサーリンク

江戸川女子中学校の評判

【江戸川女子中学校の紹介】
1931年 松岡キン女史が東京小岩に城東高等家政女学校を開校
1948年 新学制による江戸川女子高等学校創立
1949年 学制の改革に伴い、江戸川高等女学校廃止
1987年 江戸川女子中学校を再開校


新しい時代にふさわしい「教養ある堅実な女性」の育成を目標に、誠実・明朗・喜働の3つの柱を基本として教育を行っている、中高一貫教育を提供する私立女子中学校です。

姉妹校には江戸川学園取手中学校・高等学校があります。

江戸川女子中学校の教育方針

・教養ある堅実な、自立できる女性を育成する
・女性に適した環境のもとで、女性の本質である細やかな情愛を育む
・恵まれた環境で、豊かな情操と教養を身に付けた女性として育成する
・大学入試の突破を目標とした独自のカリキュラム
・65分授業・2期制・週6日制の教育システムで効果的な受験指導
・英語・国語・数学・理科の4教科で「先取り教育」を取り入れている
・数学では習熟度別の少人数クラス編成で授業
・「英語教育」に重点を置き、外国人教師と日本人教師のティームティーチングによる英会話授業や、英検準2級の取得をめざした英検指導など高い教授力と濃密なテキスト
・一定以上の基準を超える英語力を持つ生徒に対して、少人数制の取り出し授業
・中世英国の文化を再現した福島県の「ブリティッシュ・ヒルズ」での研修
・週1時間の「特別教育活動」では、1年次は茶道、2年次は箏曲、3年次は華道に触れる

スポンサーリンク

江戸川女子中学校の過去問出題傾向

江戸川女子中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
読解は説明文と物語文。いずれも選択肢と抜き出し中心で、論述式はほとんど見られません。文章読解問題の引用文が長いのが特徴です。説明文は接続語、文の整序、段落構成など文脈を問う設問が多いです。物語文はさほど難問レベルではありませんが、長文をスピーディーかつ的確に文章把握する力が求められる試験です。場面の状況や心情などが問われます。

《算数》
計算問題と一行問題14問、大問3題の問題構成。出題分野は幅広く、基本をおさえた偏りのない問題構成となっています。計算問題と一行問題で半数以上を占めるが、やや難度の高い問題もあります。基礎力をしっかりと身につけた上で、やや難しい問題まで取り組みましょう。また、途中計算が煩雑になる問題もあるので、素早い正確な計算力も必要です。図形分野は毎年出題される頻出単元なのでしっかりと対策しておきましょう。

《理科》
4分野から大問4題の出題。生物は昆虫、地学は星、物理は豆電球と放射性物質、化学は気体の発生というように、各分野から均等に出題されます。選択肢・ことばで答える問題が中心ですが、記述も出題されます。計算、グラフの読み取り、作図、記述など多彩な形式で、中途半端な勉強では得点できません。

《社会》
大問4題構成。歴史は長めの記述問題をふくむ政治史・外交史の問題。古代~近代まで広範囲に出題されます。。地理では地形が共通する地域を取り上げ、地形の特色を問う記述問題が出されました。政治は時事問題の対策も必要になります。解答形式は、選択式、書き出し式が中心ですが、40字の記述問題も出されるので、その対策も必要です。

江戸川女子中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 江戸川女子中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

江戸川女子中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報