麗澤中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

麗澤中学校受験をする際に、麗澤中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。麗澤中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
51
2.2
スポンサーリンク

麗澤中学校の評判

【麗澤中学校の紹介】
1935年 道徳科学専攻塾を開校
1951年 現在の高等学校名に改称
1967年 定時制課程を廃止
1992年 これまでは全寮制であったが、通学生の受け入れ開始
2002年 中学校を設置

中高一貫教育を提供する私立中学校・高等学校です。のち麗澤大学を設置し、岐阜県には麗澤瑞浪中学・高等学校を開設しています。

さらに大学院の整備完了を機に麗澤教育の体系化を目指し、2002年麗澤中学校を開校しました。感謝の心・思いやりの心・自立の心を育むことを第一の目標に、知力・道徳心・体力のバランスのとれた人間形成を目指す。

麗澤中学校の教育方針

・多数のパソコンを備え生徒全員がメールアドレスを所持できる環境を整える
・中学3年次には全員参加のニュージーランドホームステイを実施
・自分(ゆめ)プロジェクトという独自のプログラムを実践
・正しい知識と判断力、創造性に富んだ総合的な学力を育む
・中学3年生で高校2年生相当の英語力を身につける

スポンサーリンク

麗澤中学校の過去問出題傾向

麗澤中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
論説文・物語文または随筆文から出題されています。絵を見て答えさせる独自の問題が出題されることもあります。漢字・ことばに関する知識問題は読解文中に組み込まれています。指示語の内容・接続語補充・語句の意味・要旨・心情把握・理由や考えの把握など正当な問題が多い一方、要約や作文といった記述もあり、短時間での読み取り力・作文作成力が要されます。日頃から色々なものに関心を持ち、考える生活が大切。

《算数》
計算問題、一行問題は基本レベルなので確実に得点を伸ばしておきたいです。大問はやや思考力を必要とする問題ですが各分野の基礎問題をしっかりと解答し、典型問題で演習問題をしておけば十分に対処できます。図形やグラフ絡みの問題が多く出題される傾向にあります。文章題を使って、線分図や比を使って思考力を問う問題が出題されています。単位換算と記号の定義の計算は、毎年必ず出題されていますので事前にしっかりと過去問を行い問題に慣れておきましょう。

《社会》
地理では日本の都道府県に関する問題が多く出題され、都道府県の位置や特徴をしっかりと把握することが求められます。歴史は比較的平均点が高く、まんべんなく知識を問う問題構成となっています。解答形式は、記号の選択と適語の記入がほとんどですが、理由を説明させるなどの文章記述が出されており、注意が必要です。設問数が多いので、急いで解答する必要があるでしょう。設問範囲が広範囲にわたっているので、不得意分野をつくらないことが大切です。

《理科》
生物は光合成、地学は地層、物理は光、化学はろうそくの燃焼が出題された。選択肢が多いが、記述と作図も出題されるので、様々な解答形式に対応できるように、十分に問題を解いておきましょう。大半が記号選択・適語記入ですが、計算・記述・グラフや図を書かせる問題も見られますので注意が必要です。近年、地球温暖化・オゾン層・ダイオキシンなど、身辺の環境問題も出されているので普段から関心を持ちましょう。

麗澤中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 麗澤中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

麗澤中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報