大宮開成中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

大宮開成中学校受験をする際に、大宮開成中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。大宮開成中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
48
1.5
スポンサーリンク

大宮開成中学校の評判

【大宮開成中学校の紹介】
1942年 大宮洋裁女学校が開校
1959年 大宮開成高等学校(女子校)となる
1997年 普通科に特進コースを設置、特進のみ男女共学となる
2005年 中高一貫校の大宮開成中学校が開校

校訓「愛・知・和」のもと、広い視野と高い教養を身につけた知性あふれる人間を育成し、一人ひとりの個性を大切にする指導と国際教育を通じて、高い志を持った21世紀のリーダー育成を目指す中高一貫校です。

大宮開成中学校の教育方針

・中・高の6年間を3ステージに分け、到達目標を明確化
・朝読書20分
・英国数社理の授業時間を充実させ、先取り教育を行う。
・中学3年時より、英国数で習熟度編成授業を展開
・長期休暇講習を実施
・英数特科クラスの特科補習授業
・普通クラスの完全サポート体制で合格力を育成
・プレゼンテーション能力の育成、行事、部活動にも積極的に参加させています。
・放課後の個別指導で個別質問に応じ、『わかるまで学習する』習慣を定着させる。
・日本文化学習・異文化学習・比較文化学習を通じた国際社会で活躍できる基礎力
・コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を育成する
・「先取り教育」で国公立・難関私立大学への現役合格を目指す
・5教科7科目に完全対応で充実サポートする「特別進学クラス」設置

スポンサーリンク

大宮開成中学校の過去問出題傾向

大宮開成中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
読解は説明文・物語文・随筆文から出題の2題構成。記号選択と書き抜きの問題のみで、記述問題はあまりないので、取り組みやすいです。その分、独立して出題されている漢字の読み書きや四字熟語などの知識などで確実に得点できる基礎学力が必要です。

《算数》
計算問題4問、一行問題8問、大問4題で、総設問数20問の問題構成。幅広い分野から出題されますが、基礎力を確かめる問題が中心なので、基礎をしっかりと固めておけば十分対処できます。時間配分に注意しながら、基本の定着と正確な計算力を磨くとよいでしょう。

《社会》
記号選択の比率が高く基礎知識が試されます。地理は日本の島を大きい順に並べた表などから出題。歴史は社会経済史からの出題。政治は選挙制度など、正確な基礎知識に加えて、思考力や推理力を問われる問題もあります。

《理科》
大問8題の出題で、4分野から各2題の均等に出題されます。生物は森林の形成と光合成とメダカ、地学は星と火山、物理はさおはかりと電磁石、化学は酸素の発生と中和反応が出題されました。基礎知識を確認する内容が多く、選択式が中心ですが、計算や記述も出題されているので十分な対策が必要です。

大宮開成中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 大宮開成中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

大宮開成中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報