開成中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

開成中学校受験をする際に、開成中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。開成中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
72
2.9
スポンサーリンク

開成中学校の評判

【開成中学校の紹介】
1871年 幕末の先覚者佐野鼎により共立学校として創立
1895年 校名「共立学校」を「東京開成中学校」に改称

「知性・自由・質実剛健を重んじ基礎学力を養成」を目指し、校風も質実剛健を掲げており、生徒の自主性・責任を尊重した学習指導を実践している私立中高一貫男子校です。

男子校御三家の一つであり、関東最難関校のひとつでもあります。

東大進学実績は日本一を誇っています。有名な「ペンとケン」の校章は、「ペンは剣よりも強し」を図案化したもので、知と強さを重んじる開成の校風を象徴しています。

開成中学校の教育方針

・習熟度別の学級編成は行わず、生徒の自主性・責任を尊重した学習指導を実践
・英・国・数・社・理の主要教科は独自カリキュラムを実施
・運動会・文化祭などは学校の方針に基づき、すべて生徒自身の手で準備・運営
・上下関係を厳しく教え込まれることも特色のひとつ
・習熟度別の教育は行わず、生徒の自主性と責任に重きを置く学習指導が実施
・「知性・自由・質実剛健を重んじ基礎学力を養成」することが基本的な教育方針
・知識の詰め込みではなく、体系的・論理的にに考える能力を育成することを目標
・毎年4月にボート部の部員によりボートレースが行われている
・例年5月の第2日曜日に行われる運動会は、中高合同で行われる開成最大のイベント
・毎年7月、千葉県館山市の施設で中1が全員参加する水泳学校
・荒川河川敷を利用して行われるマラソン大会
・文化祭、クラブ活動はもとより、修学旅行も生徒の自主企画・自主運営であり「自由」
・教師陣は生徒に対して多様な価値観をもって対応
・個性を尊重し、豊かな人間性を育むための環境作りに力をいれる

スポンサーリンク

開成中学校の過去問出題傾向

開成中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
選択肢は易しいものが多く、記述中心の対策を考えればよいですが、記述の解答はどこまで書けばいいのか判断に困るものも多いようです。日頃から、与えられた文章の要旨、主題をまとめる練習をするとよいでしょう。枠からはみ出したり乱雑な字を書いたりすると減点対象になりますので、楷書でしっかりとした字を書きましょう。

《算数》
数(あるいは数と規則)を素材にした大問はよく出題されており、今後も要注意です。調べて解く問題が中心なので、技巧的な解法を知らなくても、時間さえかければ必ずできる問題となっています。設問の設定の巧みさと途中過程重視の採点方法により、きちんとした理解ができているかを重視していて、普段から物事をとことんまで追求する楽しさを忘れずに、そして自分の考えを正しく主張できることが必要です。

《社会》
「すべての分野について幅広い知識と理解」が社会の条件とされており、基本知識の穴は受験生全体の質の高さを考えると致命的となりますので、丁寧な積み重ね学習が必要です。歴史総合問題として農村をテーマとする社会・経済史の問題、国連をテーマとする国際社会に関する総合問題、地理総合問題では地図についての理解力、統計資料の分析、読み取り力が問われる問題が出題されました。

《理科》
4分野から大問4題の出題。生物分野は植物のつくりとはたらき、地学分野は童謡の歌詞と太陽や月のようすの問題、物理分野は金属の電流と発熱、化学分野は水溶液と金属が出題されました。実験操作の方法等に対する理解や、実験結果の分析やグラフなどのデータの読み取り、確実な計算処理力などを問う問題が中心となっています。物理分野では、必要な条件をもらさず図に記入、整理して確実に、かつスピーディーに処理することが要求されます。

 

開成中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 開成中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

開成中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報