開智中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

開智中学校受験をする際に、開智中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。開智中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
43
1.5
スポンサーリンク

開智中学校の評判

【開智中学校の紹介】
1993年 開智中学校・高等学校開校
2008年 「スーパー理進コース」「特進コース」2コース制導入

「開智」の校名には、「智を開く」ことの喜びと楽しさを知ってほしいとの願いが込められています。仏教精神を礎とする豊かな人間教育と確かな学習指導を推進し、次代のリーダーを育成し、社会に貢献し得る人間の育成に努める私立中高一貫校です。

6年一貫教育には「スーパー理進コース」「特進コース」の2つのコースがあります

開智中学校の教育方針

・「人格を鍛えれば、学力は伸びる」を教育理念として、生徒全員が大学進学を目指す
・人間としての品位・品格、たくましく生き抜く体力・精神力、より高い学力』を育む教育
・社会の様々な分野で活躍できるリーダーを育成する『全国に誇れる品位ある進学校』の実現を目指す
・東大・京大・阪大の理系学部や国公立大学の医学部医学科への現役合格をめざす意欲の高い生徒が集うスーパー理進コース設置
・難関国公立大学合格への現役合格をめざす特進コース設置
・中高6年一貫教育のメリットを生かした高校の先取り学習
・土曜日授業による完全週6日制や、長期休暇の短縮などにより、年間約250日の豊富な授業日数を確保
・「質問コーナー」を教員室前に設置し、わからないところをわかるまで教える
・スーパー理進コースは、1年生では生物分野、2年生では物理・化学分野を中心に実験や観察を行う
・特進コースは新聞・雑誌などから関連記事や写真、図表を集め、最終的には論文に仕上げる
・興味・関心を抱くことができるテーマ学習を課外授業でより深く効果的におこなう
・基礎学力定着のために、英語・国語・算数などの小テストを実施
・読解力養成のため、早朝読書タイム設置
・規律正しく勉強する習慣を身につけるため、2泊3日の勉強合宿
・大学の講義を体験できる開智オープンセミナー開催

スポンサーリンク

開智中学校の過去問出題傾向

開智中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
60分150点満点の試験で、知識問題から1題、論説・説明文から1題、小説・物語文から1題というオーソドックスな問題構成となっていて、知識問題は10問と数が多く、漢字の読み書き、部首、二字熟語、四字熟語、ことわざ、慣用句、敬語、文法などから幅広く出題されます。また、長文読解は論説・説明文は内容・要旨の読み取り、小説・物語文は登場人物の心情の把握を中心に、語句の意味、空欄補充、適語抜き出し、長文の文章構成・文脈の把握、25~50字程度の記述問題など様々角度から国語の知識を問われます。

《算数》
60分150点満点の試験で、「計算」と「一行問題」中心の出題となっています。実に6割以上が計算と一行問題で占められていますので、算数の基礎力が問われる試験となっています。問題構成は大問1が小数・分数の絡んだ四則計算、大問2は速さ、割合、数の性質、つるかめ算、仕事算、図形など幅広い範囲から一行問題が出題されます。
大問3以降は「速さ」と「図形」中心に出題されます。やや厳しい時間設定にし、緊張感の中でスピーディーかつ正確に解く練習を積み重ねてください。

《社会》
試験はありません

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

開智中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 開智中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

開智中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報