神奈川県立平塚中等教育学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

神奈川県立平塚中等教育学校受験をする際に、神奈川県立平塚中等教育学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。神奈川県立平塚中等教育学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
55
スポンサーリンク

神奈川県立平塚中等教育学校の評判

【神奈川県立平塚中等教育学校の紹介】
1984年 大原高等学校開校
2009年 中等教育学校として再編し開校

神奈川県立平塚中等教育学校は、2009年に開校した神奈川県初の公立中高一貫教育校です。

『3つのL』を教育理念に掲げ、6年間の一貫した教育課程のもとで、深い洞察と鋭い感性、高い志と豊かな人間性、幅広い教養を備えた人材を育てることを目標にした学校です。

神奈川県立平塚中等教育学校の教育方針

・自らの健康や他者の生命・人権を尊重し、広く社会に貢献する人材育成
・郷土かながわを慈しみ、国際社会に羽ばたく人材の育成
・自ら学び、考え、決断し、行動する力を身につける人材の育成
・生きる(Live)・慈しむ(Love)・学ぶ(Learn)の『3つのL』で次世代のリーダー育成を目指す
・鋭い感性や独創性を高め、広く社会に貢献する意欲や資質・能力を備えた人材を育てる
・思いやりの心を持ち、自ら進んで未来を切り拓く意欲や行動力あふれる、豊かな人間性とリーダーシップを備えた人材を育てる
・自主的な学習態度や向上心を養う
・6年間を見通した充実した教科指導(中等教育学校に適用される特例の活用)
・表現コミュニケーション力」「科学・論理的思考力」「社会生活実践力」の3つの力の育成・伸長
・「基礎・観察期」(1.2年)、「充実・発見期」(3.4年)、「発展・伸長期」(5.6年)の3期に分けた教育活動
・「かながわ次世代教養」では、伝統文化・歴史、地球環境、英語コミュニケーション、IT活用の4分野を学ぶ
・6年間を見通したキャリア学習
・記録、説明、批評、論述、討論などの言語活動を充実させ、「学習成果発表会」として、代表者による発表と課題等の展示
・「地域貢献DAY」に、公園や道路の清掃を行います
・相模人形芝居学校交流ワークショップ
・吹奏楽部は、老人ホーム、渋田川桜まつり、サッカー競技場など地域での演奏活動
・美術部員の絵画を平塚共済病院に掲示

スポンサーリンク

神奈川県立平塚中等教育学校の過去問出題傾向

神奈川県立平塚中等教育学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《適正試験》
出題のしかたを工夫して、「答えさえ出せばいい」という問題になることを避けています。
高得点を狙うには、出題者の意図を理解する力が必要です。解答形式も設問ごとに変わり、文章による記述のほか、円グラフの作成、図示、記入など様々です。出題傾向の違ういろいろな学校の過去問に取り組んで、対応力を高めましょう。国語は2題出題されています。
物語、詩、和歌俳句などの読解演習もしっかりしておきましょう。算数はパズル系といえる問題が数題出ていますが、情報を整理する練習さえしっかりしておけば大丈夫です。

《作文》
作文は面接の代わりと考え、手堅い表現、しっかりとした内容に徹しましょう。表記の減点箇所の数で差がつくことになるので、スキのない文を書く練習をしましょう。

神奈川県立平塚中等教育学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 神奈川県立平塚中等教育学校公式ホームペーシをご確認下さい。

神奈川県立平塚中等教育学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報