鎌倉女子大学中等部受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

鎌倉女子大学中等部受験をする際に、鎌倉女子大学中等部の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。鎌倉女子大学中等部の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
40
1.6
スポンサーリンク

鎌倉女子大学中等部の評判

【鎌倉女子大学中等部の紹介】
1950年 京浜女子短期大学附属中学校として設立
1989年 鎌倉女子大学中等部に名称を変更

鎌倉女子大学中等部は、一貫教育体制に基づく師弟同行の注意深い教育の歩みの中で、一人ひとりが自分自身の中に自律と知恵と勇気を養い、しっかりと生き貫(ぬ)くことのできる力の軸を築きあげる教育をめざしています。

たとえ不確実な状況にあっても、知への敬意と論理への信頼を失わず、主体的かつ理性的に考え抜く姿勢を身につけることができます。

鎌倉女子大学中等部の教育方針

・「特進コース」においては、本学らしさを基盤にしつつ、難関大学への進学も実現
・365日×3年=1095ページの成長記録である修養日誌
・高等部卒業後も学び続け、伸び続けるための基礎力を定着させる「進学コース」
・「有り難うございます」という感謝する心を忘れない人を養成
・誰にでも親切に手をさしのべ、その気持ちを奉仕の行いに移すことの出来る人を養成
・勤労を愛し、率先して仕事に取り組む態度を養成
・自ら積極的に知識を探し求める姿勢を養成
・真理を知るだけでなく、真理を行える人を養成
・人に尊敬と配慮の心を持って接することの出来る人を養成
・限りのある資源を粗末にすることなく使うことの出来る人を養成
・時間を守り、今というこの時を有効に活かすことの出来る人を養成
・コースごとの目標と特性に応じた授業・個人課題研究で鍛える「みどりの時間」と「マイプロジェクトで柔軟な発想で考え抜く力を養成
・キャリア教育プログラム・美化活動・立居振舞を通した気配りの習慣づけによって、未来を築く自己を創る
・ボランティアプログラム・校友会活動などで、人とつながり共に生きる力を養成

スポンサーリンク

鎌倉女子大学中等部の過去問出題傾向

鎌倉女子大学中等部に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

鎌倉女子大学中等部のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 鎌倉女子大学中等部公式ホームペーシをご確認下さい。

鎌倉女子大学中等部公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報