川村中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

川村中学校受験をする際に、川村中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。川村中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
50
1.2
スポンサーリンク

川村中学校の評判

【川村中学校の紹介】
1924年 川村文子によって川村女学院が創立
1943年 川村女学院高等女学校と改称
1947年 学制改革により川村中学校が開設

創立以来、「感謝の心」「女性の自覚」「社会への奉仕」を建学の精神として、社会の要請と学園の精神を合致させながら、ゆとりを持たせ、日々充実した教育を心がけている学校です。

他を思いやる教育の充実が大切であると考え、21世紀に生きる心豊かな女性の育成を目指している女子校です。

川村中学校の教育方針

・教育目標は、豊かな感性と品格(豊かな心)・自覚と責任(自ら学ぶ心)・優しさと思いやり(美しい心)
・中高一貫した学校生活の中で「感謝の心」「女性の自覚」の教育理念を理解し、体得できる力を養う
・本人・家庭・学園の三位一体の教育(三羽の鶴の由来)で、多感な6年間の人格形成を豊かに行う
・年齢に相応しい自覚と責任感を身につけさせ、複雑な現代社会に対応できる力を養う
・中高一貫教育のメリットを十分に活かし、進路を見据えた教育を実践
・中高ともに2学期制及び土曜日授業を行い、ゆとりある学校生活の中で、一人ひとりを生かす教育を実践
・年間37週の授業時間を確保。2学期制に加え、土曜日授業を行う
・総合的な学習の時間で、「感謝の心」「社会への奉仕」を学ぶ
・全学年で英語と数学の習熟度別授業
・高校2年から文系コースと理系コースを設定
・中学では全員で英検(4級~準2級)を受験し、英語の基礎力をつける
・高校では、TOEICやTOEIC Bridgeなど、自分の実力や興味にあわせて各種英語講座を選択
・オーストラリアの学生と、「スカイプ」を通じて生きた英語・日本語に触れる学習
・農業体験などを通して、自然に触れ、その大切さを肌で感じる
・「職業探究プログラム」は実際の企業のインターンシップを教室で 体験

スポンサーリンク

川村中学校の過去問出題傾向

川村中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
大問5題で、読解2題、知識問題2題程度、聞き取り問題という構成です。漢字・語句にくわえ、正確な文章把握の力が試されます。長文では、物語文・随筆文・論説文から2題出題され、漢字・四字熟語・用法など、基本的な語句知識も問われます。正確な基礎知識に加え、記述対策を行って、文章力をしっかり身につけておく必要があります。解答形式は選択式・抜き出し式・記述式で、バランスよく出題されます。

《算数》
大問5~6題の出題で、計算1題、1行程度の文章題を集めた応用小問の集合題1題、残りが応用問題という構成。計算は、分数・小数を含む四則混合計算で、基礎的な計算力が試されます。応用小問では幅広い基礎力を問われ、応用問題では図形・グラフに関する問題が頻出です。作図が必らず出題されるのも特徴です。全体的に基礎知識が求められる問題構成です。

《社会》
大問3題前後で、歴史・地理・公民の各分野からバランスよく出題されます。基礎知識を問う問題が大半ですが、時事問題も数問出題されます。解答形式は一問一答式です。

《理科》
大問3題からなっており、各分野から均等に出題されます。解答形式は選択式・書き出し式が中心ですが、計算問題や説明記述も数問出題されます。社会と合わせて50分間のテストですので、時間配分には要注意です。

川村中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 川村中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

川村中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報