北鎌倉女子学園中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

北鎌倉女子学園中学校受験をする際に、北鎌倉女子学園中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。北鎌倉女子学園中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
38
1.1
スポンサーリンク

北鎌倉女子学園中学校の評判

【北鎌倉女子学園中学校の紹介】
1940年 東邦大学の創立者、額田豊博士によって創設

北鎌倉女子学園中学校は「女性の優れた能力と様々な可能性への信頼と期待」を建学の精神としており、心の深さ、優しさ、賢さ、責任感、向上心など、すべてが関わり醸成される「心の姿」としての「品性」を育む教育が大切であると考え、取り組んでいる学校です。

北鎌倉女子学園中学校の教育方針

・最新のパソコンが46台用意されたコンピュータ教室
・LL教室では、モニター内蔵のテーブルが完備され、外国語教師による英会話の授業に使用
・休みに生徒でにぎわう食堂は、約100席が用意され、くつろぎの空間となっている
・合同HR・上映会・合唱練習など多目的に使用できる視聴覚ホール
・中学校校舎の屋上は、庭園になっており、四季折々の花が楽しめる
・空調・防音設備完備ですので快適な合奏室や音楽ホール
・「人の話を聞こう。本を読もう。自分の考えを話そう。」が目標
・反復練習による基礎学力の定着と自主的な計画による家庭学習の習慣化を支援
・1年生は本学園独自の「礼法」の授業を通して現代日本社会に必要な礼儀作法を実践的に学ぶ
・英語は校内スペリングコンテスト、英検やGTECへの取り組み、ネイティヴの先生による授業等、多彩なプログラムを展開
・国語は中1・中2では週1時間の習熟度別復習授業を取り入れる
・三泊四日、1・2年生が葉山にあるIPC生産性国際交流センターにて勉強合宿
・中学3年間の総まとめとして、中学3年次で自由研究に取り組む
・音楽コースは1965年度に高等学校音楽科に先立ち設立
・義務教育と並行してピアノ・弦楽器・管楽器・打楽器・声楽と、専攻別の個人指導やソルフェージュ、聴音、楽典といった専門教育を受講可能

スポンサーリンク

北鎌倉女子学園中学校の過去問出題傾向

北鎌倉女子学園中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

北鎌倉女子学園中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 北鎌倉女子学園中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

北鎌倉女子学園中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報