北豊島中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

北豊島中学校受験をする際に、北豊島中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。北豊島中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
38
1.1
スポンサーリンク

北豊島中学校の評判

【北豊島中学校の紹介】
1926年 北豊島女学校創立
1950年 学校令改正により、財団法人北豊島学園北豊島高等学校となる
北豊島中学校設置

北豊島中学校は、高い学力を身につけることを前提にしながらも、「自ら考え出す力」、「社会で活躍できる女性」を育成すること教育目標とし、先進の発信型英語教育を取り入れることで、ネイティブとのコミュニケーションはもちろんのこと、中1からのイングリッシュキャンプや語学研修など多彩なプログラムで、英語圏大学への留学はもとより卒業生が海外で活躍するなどの実績をあげている学校です。

北豊島中学校の教育方針

・英語は週8時間、そのうち外国人教師が3時間を担当
・中学3年間で日常英会話をマスターしながら、卒業するまでに全員が英検3級取得目標
・語学研修(1・2年は那須イングリッシュキャンプ、3年はカナダ語学研修)を実施
・5教科の配当時間は35時間中26時間と充実
・英数国の3教科では、単なる点数別クラス編成ではない「習熟度別授業」を取り入れ
・きめ細かさの原点「家庭学習実行表」で、一人ひとりの学習状況を確認
・教師が生徒の無限に広がる可能性や、知的好奇心を満たすため、情熱と熱意を持って時間を惜しみなく使う「ゆとり教育」
・情操教育にも力を入れている北豊島では、1・2年で「華道」3年で「茶道」が必修
・音楽の授業のうち1時間は、クラシックギターを3年間学ぶ
・「ホンモノに触れる」こと、「学んだことを多角的に発展させる」ことを重視
・年1回行われるスクールコンサートでは、一流のプロの生演奏
・毎週「華道」で学んだ植物は、授業で活けた後に自宅に持ち帰って再度活ける
・生徒会役員選挙も荒川区から借りたホンモノの記帳台と投票箱を使い、本番さながらの選挙を体験
・1・2年では、夏休み前に那須高原にて「語学研修」(2泊3日)を実施
・3年生はカナダで10日間の研修を行い、「日本に住む自分」「国際人としての自分」を自覚し、自ら考え、自ら行動する姿勢を身につける
・サイパンの「マリアナ・ハイスクール」を姉妹校提携を結んでおり、お互いに交換留学制度(異文化体験プログラム)を設けている
・6月にはマリアナ・ハイスクールからの留学生の受け入れも実施

スポンサーリンク

北豊島中学校の過去問出題傾向

北豊島中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

北豊島中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 北豊島中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

北豊島中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報