慶應義塾普通部受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

慶應義塾普通部受験をする際に、慶應義塾普通部の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。慶應義塾普通部の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
64
3.2
スポンサーリンク

慶應義塾普通部の評判

【慶應義塾普通部の紹介】
1890年 慶應義塾の大学部が開設される
1899年 普通学科が慶應義塾普通部に改称される
1947年 学制改革により3ヶ年の新制中学校となる

慶應義塾普通部は、福沢諭吉の「独立自尊」の精神を受け継ぎ、「自ら、幅広く学ぶ」「友情を育む」「教養・品格を身につける」ことを重んじています。

大学までの一貫教育のなかで、広く深い学識の習得を目指す男子一貫校です。

慶應義塾普通部の教育方針

・自ら決めたテーマに没頭して研究や作業をする「労作展」
・先輩が現役の普通部生に直接にメッセージを伝える「目路はるか教室」
・知性と品性を備えた優れた人格の育成を目標
・知識の習得のみならず、問題解決を目指し、さらに問題を発見するまでに至る「学び」を深める場
・男子だけの環境で、将来を通じて長く付き合いのできる仲間を得る「人間交際」の場となる
・20前後の講座で開講される3年生の選択授業
・普通部生のほとんどは、塾内の高等学校を経て慶應義塾大学への進学
・入学試験による、いわゆる必要以上の苦労や競争意識を除き、知育・徳育・体育の面からの人格の完成をめざす
・入学時から卒業間近の3年生の最後まで、生気あふれる部活動が可能

スポンサーリンク

慶應義塾普通部の過去問出題傾向

慶應義塾普通部に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
大問2題(読解)+漢字書き取りが1問、合計大問3問という構成が定着しています。。選択、書き抜き問題中心で、選択式は、選択肢と本文内容を正確に照らし、根拠を明確にして紛らわしい誤答に対応しましょう。記述問題は、20~50字と字数が短く、かえってまとめにくい。解答の本質だけを端的にまとめる記述練習が不可欠です。過去問題を利用し実践的練習を積んでおきましょう。

《算数》
標準レベルの問題が中心なので、合格ラインは8割前後とかなり高めです。難問奇問の類は出ませんが、時間的余裕がないこと、偏差値60を超える受験者層のレベルの高さを考えると、1つのミスが命取りになります。普通部に合格するには、「ミスをしないこと」、「緻密さ・正確さ」も「スピード」と合わせて必要です。解答の「途中の過程」も採点の対象になります。また、例年通り、後半部分で条件を読み取り作業させる出題があり、高度な処理速度が求められるので、過去問対策は入念にしましょう。

《社会》
大問数5~6問、小問50題前後を試験時間30分で解かないとならず、基礎基本を中心とした出題ですが、社会性とともに確かな洞察力や記述力が求められる内容。社会の最大の特徴は「普通の小学生では知らない社会常識」「大人びた視点があるかどうか」が問われる点です。小学生の関心の枠を超えて、世の中の仕組みやできごとにアンテナを張り、引き出しを増やしていくことが必要と言えます。

《理科》
理科の最大の特徴は、「身の回りの現象・科学への関心を問う問題」が数多く出題されることです。少しでも多くの身の回りの科学ネタに触れておくことが必要でしょう。30分という短い試験時間で大量の問題を解かならず、圧倒的に時間が足りないので、合格点を超えるにはスピードは絶対条件と言えます。「解ける問題」「時間がかかりそうな問題」の判断と取捨選択が、合否に大きく影響します。

慶應義塾普通部のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 慶應義塾普通部公式ホームペーシをご確認下さい。

慶應義塾普通部公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報