恵泉女学園中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

恵泉女学園中学受験をする際に、恵泉女学園中学の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。恵泉女学園中学の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
47
2.2
スポンサーリンク

恵泉女学園中学の評判

【恵泉女学園中学の紹介】
1929年 河井道が福音主義キリスト教の信仰を教育の基盤とし創立
1948年 学制改革で恵泉女学園中学校・高等学校となる
2002年 完全中高一貫化

キリスト教を土台に、自然を愛し、国際的に信頼される女性の育成を目指し、創立以来、授業、行事など、きめ細かな指導のもとで、生徒の自主性を重んじている完全中高一貫の女子校です。

聖書・国際・園芸を教育の柱に加え、生徒の知性、感性、社会性を育ててきました。この伝統は80年以上に亘って、代々受け継がれ、様々な分野で活躍する女性を輩出しています。

恵泉女学園中学の教育方針

・2期制をとり、45分授業、週36(2年次:35、3年次:34)時間の授業数を確保
・自発的な学習を身につけるため、自分で調べ、考え、表現することを大切にする授業
・平和学習、芸術鑑賞など、幅広い体験学習プログラムもあり
・1年次で「園芸」が2時間、「聖書」が各学年1時間ある
・信和会(生徒の自主活動の組織)の一つとして、運動部10部、文化部10部のクラブ活動がある
・チアリーディングは強豪校
・1年次のフェロシップ、2年次の清里ワークキャンプの宿泊行事
・スポーツデー、合唱コンクール、恵泉デー、芸術鑑賞、一日修養会など学校行事も充実
・自然観察会、カワヨグリーン牧場キャンプ、スキー教室など、有志参加の行事もある
・メディアセンター(蔵書9万冊の情報センター)、グレイスホール、各教科の特別教室、体育館、カフェテリア、屋上ガーデンなど施設充実
・「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能をバランスよく伸ばす英語教育
・創立当初から教育の柱の一つである「園芸」で、自然の不思議、美しさに触れる
・年4回保護者会、年1回授業参観がある
・毎朝の礼拝と掃除が日課。特別礼拝もある。
・昼食はカフェテリアがあり、軽食などを販売している
・メディアセンターには、新聞、雑誌、本などの活字メディアとパソコン、テレビ、デジタルカメラなどの電子メディアがある

スポンサーリンク

恵泉女学園中学の過去問出題傾向

恵泉女学園中学に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
読解は物語文と日本語に関する説明文。いずれもわかりやすい文章。要旨、段落、適語適文補充、指示語、語句の意味などが頻出です。物語文には字数指定のない記述が多い。場面の状況を把握する読解力と、物事を筋道立てて説明できるくらいの記述力が必要です。説明文は短く読解の設問は少ないです。

《算数》
計算問題2問、一行問題6問、大問3題の問題構成。難問はないですが、やや思考力を必要とする問題が出題されます。ほとんどの問題で途中式や記述が求められるので思考力も必要となります。グラフを完成させる問題は頻出なので対策が不可欠。日頃からきれいに素早く書く習慣を身に付けておきましょう。

《社会》
大問3題構成。大問1は横須賀を切り口に幕末・明治を中心とした出題。大問2は歴史・政治の融合問題で、内閣総理大臣の表をもとに、昭和時代・内閣について。大問3は交通を主題にした総合問題。選択式・漢字指定の用語記述式が中心です。問題量が多く、時間配分には注意。幅広い基礎知識の習得が必要とされます。地図や表などの資料を読み取らせる問題が多数あるのが特徴です。

《理科》
大設問5題で、生物分野2題、地学・物理・化学分野各1題の出題。生物はコウノトリとヒトの心臓、地学は地震、物理はばね、化学は物質の性質が出題された。選択肢問題が中心だが、ばねの計算問題や間違っている用語を直す問題も出題。幅広く基礎的な知識が問われ、記号選択式が大半ですが、適語・数値記入や計算、文章記述、絵やグラフを書かせる問題もあります

恵泉女学園中学のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 恵泉女学園中学公式ホームペーシをご確認下さい。

恵泉女学園中学公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報