神戸女学院中学部受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

神戸女学院中学部受験をする際に、神戸女学院中学部の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。神戸女学院中学部の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
65
1.9
スポンサーリンク

神戸女学院中学部の評判

1875年 女学校(Girls School)設立、その後校名を神戸英和女学校に改称
1894年 神戸女学院と改称
1947年 学制改革で新制中学部設立認可
1948年 新制高等学部・新制大学設立認可

神戸女学院は「愛神愛隣」の精神を基盤とした宗教教育がその特長です。

全人教育をめざし、知識偏重に陥ることなく、個性を重んじて、自由を尊び、民主的な自立心を養い、社会に奉仕する教養豊かなキリスト教精神を実践する女性の育成を教育の基本としています。

中学・高校の6年間を総合的な視野でとらえた、ゆとりある教育プログラムで、必要な学力を着実に身に着け、発展的に能力を伸ばせる中高一貫の女子校です。

神戸女学院中学部の教育方針

・神戸女学院大学への「内部推薦制度」も整っている
・中高一貫教育で培った知識を発展させ、より高度で全人的な教育の機会を得ることができる
・学習はもちろん、各学校行事や自治会活動なども生徒が主催するなど、一人ひとりが自らの成長と成果をじっくりと見つめることができる
・中学部・高等学部の一日は、礼拝から始まり、創立以来絶えることない本学院の教育の源
・「愛神愛隣」に根ざす日々の営みが、礼拝、宗教行事、祈祷会等を通し、より深く培われる
・建学の理念であるキリスト教精神に基づき、土曜日を休日とする週5日制を実施、日曜日の教会出席を奨励
・創立以来制服の制度はなく、自由な校風
・問題発見、解決能力の育成をめざす「探究」やCrew Methodによる英語教育など独自のカリキュラム導入
・国際社会への貢献をめざし、留学制度やホームステイを含む海外研修旅行を実施
・スクールカラーの「濃青色」は、聖書で「平和」と「真実」を象徴している
・北米の大学・高等学校での語学研修キャンプ
・姉妹校Methodist Ladies’ Collegeでのホームステイで知るオーストラリア
・「公認留学制度」を設け、一定の条件のもとで外国の高等学校に1年間の留学を認める
・海外からの長期留学生受け入れに積極的に取組み、国際理解教育に力を入れている
・西日本では、わが国最古の女子高等教育機関としての伝統を誇る、恵まれた環境と施設
・中学部卒業時には、日常生活において英語のlistening, speaking, reading, writingの4つの技能を駆使して意思疎通ができることを目標
・岡田山の恵まれた立地環境を生かした、多彩な野外学習も本学院の特色
・聖書の授業では、キリスト教の基礎知識を学習し、教えを学ぶ
・新入生がオリエンテーリングなどを楽しむなかでリーダーやクラスの人と親しみ馴染むための、2日間のデイキャンプ
・中学部・高等学部自治会は、年2回「米の日週間」を実施し、全校生から集めたお米を釜ケ崎に運んで、現地のいこい食堂の炊出しに協力します
・施設で暮らす子どもたちに毎年、生徒たちから集めたクリスマス・プレゼントを贈っています
・ユニセフの募金に協力したりしているほか、国立ハンセン病療養所である長島愛生園を訪問したり、プラン・ジャパン(発展途上国の子どもの里親制度)に協力する

スポンサーリンク

神戸女学院中学部の過去問出題傾向

神戸女学院中学部に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
長文2題と現代詩および文法・語句知識、漢字の書き取りが良く出題されています。長文については、物語文が必ず1題出題され、あと1題は随筆文と説明文のいずれかが出題されています。長字数の記述は少ないものの記述量自体は多く、時間内にすべて解答するためには、読解力と問題を解くスピードが要求されます。

《算数》
試験時間は50分、満点は120点、神戸女学院中学算数の出題傾向は、図形分野が圧倒的に多く出題されており、次に続くのが文章題分野と整数分野となっています。図形分野では「比を使った図形問題」「図形の移動」「体積・表面積の問題」を中心に出題されており、文章題分野では「推理算」「速さの問題」の出題が多く出題されています。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《体育》
体育実技テスト(20点)は、
・バスケットボールのシュート[5号ボール](20秒間)
・縄とび[二重とび](20秒間)
・とび箱開脚とび(4段)
・マット運動の後転
・ボール投げ[ハンドボール]
の5種目でした。

 

神戸女学院中学部のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 神戸女学院中学部公式ホームペーシをご確認下さい。

神戸女学院中学部公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報