甲陽学院中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

甲陽学院中学校受験をする際に、甲陽学院中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。甲陽学院中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
65
1.7
スポンサーリンク

甲陽学院中学校の評判

1920年 財団法人辰馬学院甲陽中学校創設
戦後の学制改革で旧制中学校が高等学校となる
その後に新中学校を創設し、辰馬学院を辰馬育英会甲陽学院に改称
1978年 西宮市苦楽園地区に高等学校のみを移転
1993年 従来地区(西宮市中葭原町)に新築し現在に至る

気品高く教養豊かな有為な人材を養成することを目的とし、将来大学で学ぶ者のために充分な学力と体力とを錬磨するとともに中学校・高等学校は、人格完成にも品性陶冶にも極めて大切な段階にある点に鑑み、情操教育を重視し、特に規律の励行、礼儀作法の実践体得を旨としている中高一貫の学院です。

甲陽学院中学校の教育方針

・中高一貫教育を旨とし,いっそうの効果があげられるような特色あるカリキュラム
・中高の内容を整理し,より体系的に学習できるような6年一貫カリキュラム
・クラス替えは毎年ありますが,担任団は原則6年持ち上がりなので,学習指導面だけでなく,心の面も継続的にケアも可能
・国語,数学,英語は,当該学年に専従する2名の教員によって,徹底したきめ細かな指導
・補習の制度は無く、長期休暇中も個人の自主性・計画性を高めるため、原則として補習は行わない
・習熟度別授業,文理コース・進路別クラス編成は行わず,中1から高3まで全クラス平等編成
・音楽と展覧の会,体育祭等は,生徒による実行委員会によって企画・運営され,生徒全員が積極的に参加する
・合宿では、自然に触れ,各地の伝統工芸・地場産業を体験させる
・クラブ活動は全員加入を奨励しており、入部制限はなく、兼部可能
・学業成績不振者に対しても、即座に活動停止にせず、学習とクラブ活動の両立ができるよう状況に応じて個々に判断
・3学期制をとり、週6日制(月~金各6校時,土4校時,1校時あたり50分)
・十分すぎるほど恵まれた施設環境、
教職員の熱心な授業、自由と自律を尊ぶ校風
・中1は四国合宿、中2は信州合宿、中3は英国語学合宿がある
・甲陽学院中学校で一定の条件を満たした者は無試験で本学院高等学校に進学できる
・学習面では県下トップ校の誉れ高く、進学実績では灘中高に次ぐ実績を上げている

スポンサーリンク

甲陽学院中学校の過去問出題傾向

甲陽学院中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
甲陽学院中学校・国語の試験時間は55分、満点は100点で2回テストがあります。国語の合格目安は60%です。自然科学や、社会がかかえている課題についての明確な主張を含んだ文章を多く読み、「要するに何なのか」と言うことを短くまとめて書いていく対策で、論理的な言語能力を高めましょう。

《算数》
甲陽学院中学校・算数の試験時間は55分、満点は100点で2回テストがあります。文章題分野では「場合の数」「文章題その他」、図形分野では「錘の問題」「比を使った図形問題」、割合分野では「速さと比」、整数分野では「規則性」「数列」の問題が中心に出題されています。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

甲陽学院中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 甲陽学院中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

甲陽学院中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報