国学院大学栃木中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

国学院大学栃木中学校受験をする際に、国学院大学栃木中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。国学院大学栃木中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
51
1.1
スポンサーリンク

国学院大学栃木中学校の評判

1959年 国学院大学が栃木県栃木市に附属高等学校を設置
1963年 学校法人国学院大学栃木学園と改称
1996年 国学院大学栃木中学校開校

國學院大學栃木中学校は、社会のリーダーとして活躍できる人材の育成を目指し、基礎教育に努めています。

伝統ある國學院大學の「建学の精神」を教育の指針として高く掲げ、学力(頭の力)と人間力(心と体の力)を育てる教育を行っており、教師は熱心に指導し、生徒も期待に応えてよく努力し、「頭・心の力」が絵に描いた餅にならないように、「体の力」すなわち健全な身体の養成も大切にしている中高一貫校です。

国学院大学栃木中学校の教育方針

・21世紀の国際社会で活躍する人材に必要となる語学力の習得にも力を入れる
・3年次に2週間の海外研修がある
・栃木駅前の教育センターにおいて専任の外国人教師による英会話教室を開く
・総合的な学習の時間」に、茶道・華道や歌舞伎・能・狂言などの伝統文化に接する
・「たくましく 直く 明るく さわやかに」の校訓のもと、生徒は学習や部活動、学校行事に積極的に取り組む
・土曜授業・週確認テスト・長期休暇中課外授業の実施
・サマースクール・英会話教室・アメリカ語学研修で英語力向上
・英語検定・漢字検定に積極的に取り組む
・自然体験学習(赤城・蓼科・奥日光)
・國學院祭(文化祭/体育祭)・スポーツフェスティバル・マラソン大会など多彩な学校行事
・芸術鑑賞(東京)・百人一首カルタ大会で文化に触れる
・職場体験学習や裁判員制度学習会(検察庁における模擬裁判)でキャリア教育
・国数英理の4教科に多くの時間をあてる
・国数英3教科は、習熟度別授業を行う
・7時間授業で学習し、授業時数を確保する
・放課後の時間帯に上位者課外授業を行い、応用問題対応力の定着を図る

スポンサーリンク

国学院大学栃木中学校の過去問出題傾向

国学院大学栃木中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

国学院大学栃木中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 国学院大学栃木中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

国学院大学栃木中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報