国士舘中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

国士舘中学校受験をする際に、国士舘中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。国士舘中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
49
1.4
スポンサーリンク

国士舘中学校の評判

1917年 私塾國士館創立
1923年 国士舘中等部開設
1953年 国士舘中学校・高等学校となる
1994年 男女共学化となる

「心学」と「活学」を形成するため、「誠意・勤労・見識・気魄」という建学の精神を生かし、「目先ではない、真の心づくり」を目指しています。

そのため、情操教育を徹底し、美術・音楽・書道に力を入れています。

また、心身鍛練のため、武道(柔道・剣道)を必修とし、礼儀作法や倫理観、道徳感などを培いながら、学力だけに偏ることのない総合的な力を養成することを目指す教育システムが特徴の中高一貫校です。

国士舘中学校の教育方針

・2期制をとり、50分授業で週31.58時間確保。少人数制一貫教育を実施
・2年次で英・数、3年次で英・数・国は2クラスを3分割した少人数授業を行う
・英語は週1時間、外国人講師による英会話の授業
・週1回武道(柔道か剣道)の授業
・文化祭(秋楓祭)は11月、体育祭は10月に中高合同で行われる
・新設のメイプルセンチュリーホール(新体育館)には、温水プール、フィットネスジム、柔道・剣道場などがある
・夏休みに15日間、サマースクール(短期海外語学研修)を実施
・書道・道徳をリンクさせることで、礼儀作法や倫理観・道徳観などを培う
・学カだけに偏ることのない総合的な力を養成し、バランスのとれた人材の育成をめざす
・春の視聴覚教室(1・3年歌舞伎、2年能鑑賞)、秋の芸術鑑賞(18年度帝国劇場でマリー・アントワネット)
・卒業までに英語検定準2級の取得を目標として英語学習を進める
・国士舘大学への推薦制度があり、中・高・大と一貫して学べる体制
・クラブ活動で忍耐力・責任感・協調性・思いやり等の精神的な面が培い、実績もあげている

スポンサーリンク

国士舘中学校の過去問出題傾向

国士舘中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

国士舘中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 国士舘中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

国士舘中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報