高槻中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

高槻中学校受験をする際に、高槻中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。高槻中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
55
2.3
スポンサーリンク

高槻中学校の評判

1940年 高槻中学校創立
1941年 高槻中学校(旧制)開校
1948年 学制改革で高槻中学校・高槻高等学校となる

本校は男子の進学校として、国家・社会を担う人物の育成に取り組んでおり、知・徳・体の調和のとれた全人教育を教育理念とし、真面目に、強く、上品に、を校訓として、国際社会で活躍できる人材を育成しています。

高槻は一人一人の夢を実現させるための努力は惜しみません。大きな志を持ち、夢を実現したい諸君の入学を期待しています。

 

高槻中学校の教育方針

・2012年より中学校における英語教育改革に着手
・英語は週9時間、うち4時間は一斉授業、2時間は分割クラスによる演習、残りの3時間はネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業
・「使える英語の習得」を目指し、大学受験だけではなく、将来において使える実践的な英語教育
・現在週6日制を実施
・全教室に導入した電子黒板
・知識習得に偏らない「知識活用型」や「探求型」のプログラムを導入
・到達度の基準に達しない生徒や遅れがちな生徒には、随時補習授業や個別指導
・長期休暇中に「指名制基礎講座」を行ってのフォロー体制
・希望者には「学期中講習」・「夏期講習」を実施
・図書館の蔵書数は約60,000冊あり、図書館司書が常駐
・総合学習センターが併設されて読書教育・総合学習・教科の調べ学習の場として利用
・多くのクラブは中学校・高等学校合同で活動し、先輩は親切・丁寧に後輩を指導
・生徒会が体育祭・文化祭・校内球技大会などの生徒会行事の企画・運営, 他校との交流などの活動
・生徒会室には、コンピュータや印刷機器などが備わっており、各行事やクラブ活動を支援

スポンサーリンク

高槻中学校の過去問出題傾向

高槻中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
題材は論説・説明文が多く、短文の意味、語句の意味、空欄補充、長文の文章構成・文脈の把握、内容・要旨の読み取り、記述問題、漢字の書き取りなど様々角度から国語の知識を問われます。記述の問題については15~60字程度と文字数が少ない問題となっているので、文中の言葉をうまくまとめる能力が必要となります。少ない文字数で要約する練習を行い、簡潔な言葉で文をまとめる力を養いましょう。


《算数》
問題構成は大問1が小数・分数の絡んだやや込み入った計算計算が5問程度出題されます。
大問2以降はつるかめ算などの数の問題、速さ(旅人算・流水算)、平面図形の回転や求積問題、場合の数(平成24年はつるかめ算と場合の数の複合問題が出題)、立体図形の回転体などから出題されます。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

高槻中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 高槻中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

高槻中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報