滝中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

滝中学校受験をする際に、滝中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。滝中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
60
2.5
スポンサーリンク

滝中学校の評判

1926年 滝実業学校(商業部・農業部)設立
1947年 滝中学校併設
1948年 滝高等学校設置、翌年普通科新設
1964年 滝高等学校に改称

一人一人の生徒が、誇りと喜びと満足の得られる学園の創造を目指し、総合力に秀でた魅力ある生徒の育成を目標としています。

自らの個性をしっかりと見極め、自己の夢の実現にふさわしい志望大学を自覚し、そこに合格する確かな学力を身につけた生徒の育成を目指しています。

また、自己の社会責任の自覚を促し、周囲に対する優しさを持って、自らの進む分野でのネットワークの核となりうる生徒の育成に力を入れています。

 

滝中学校の教育方針

・3つの教育方針である『深める教育』『拡げる教育』『支える教育』
・「知力」「体力」「教養」のバランスのとれた生徒の育成を目指す
・6年一貫,50分授業 週33時間(週5日制)
・火曜学習会(遅進者に対する補習授業)実施
・中1中2で「口語文法」を独立した形で授業
・中1で人前で自分の考えや体験を発表する「スピーチ」
・中2で相手の考えを理解し、グループの考えを即座にまとめて述べる「ディベート」
・中3でその集大成として1年間をかけて調べ、自分の考えをまとめる「卒業論文制作」
・英検は中2で3級(中学卒業レベル)以上、中3で準2級(高校中級レベル)以上の受験を奨励
・長期休暇明けに英単語スペリングコンテストを実施
・毎回の授業では同時通訳者が行うトレーニングであるシャドーイングを全生徒対象に実施
・ネイティブ教師との年5回のインタビューテスト
・中1でのレシテーション(暗唱)コンテスト
・中2でのスキット(寸劇)コンテスト
・『支える教育』の柱の一つであるクラブ活動には、中1、高1の段階で全員が加入
・朝のSHR前の10分間の読書と、水曜日7限の道徳の授業から成るタキタイム
・長期休暇中の午前中に行う全員参加が原則の特別授業
・特定の土曜日に60分×3コマで土曜講座を実施、希望する講座を選択し受講
・学年主任、担任、副担任から成る10名の学年集団の半数程度が高校へ持ち上がることを原則
・学園祭は*『長月祭』という呼称で9月に中高合同で実施

スポンサーリンク

滝中学校の過去問出題傾向

滝中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
国語の試験時間は50分、満点は100点、大問2題が出され、論説・説明文から1題と小説・物語文から1題出題されます。論説・説明文は、科学に関する題材が多く出題される点、小説・物語文はやや長めの長文が出題される点が特徴です。漢字の書き取りが他校より多く出題されるので、毎日の積み重ねが必要です。

《算数》
試験時間が50分、満点は100点、難問・奇問は出題されません。四則計算、速さ、比・割合、規則性、場合の数、平面・立体図形等から出題され、その中でも平面・立体図形分野が全体の約4割という特徴があります。図形分野では「円の問題」が頻出です。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

滝中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 滝中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

滝中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報