玉川聖学院中等部受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

玉川聖学院中等部受験をする際に、玉川聖学院中等部の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。玉川聖学院中等部の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
1.3
スポンサーリンク

玉川聖学院中等部の評判

1950年 谷口茂寿によって、世界に目を向けた女子教育のため、東京・自由が丘にプロテ    スタント系ミッションスクールとして創設

玉川聖学院は、どのような状況の中でも、自分のすばらしい価値を知り、世界とつながり、人を助けることのできる優しく確かな心を育てる学校です。

神に対する絶対的な信仰・生きていくための希望・どこまでも人を愛する心を知っている女子を育てることで、世界貢献を目指しています。

 

玉川聖学院中等部の教育方針

・心が自由になる女子教育を推進
・神と人とに愛されていることがわかる校風
・安全に悩むことができる学習環境
・生涯続く使命と生きる力を養う
・建学時からネイティブ教師が英語教育を推進
・6名のネイティブ教師が中1のはじめから少人数英会話クラスを担当
・校舎2階ラウンジ隣のEnglish Loungeという英語空間で、ネイティブ教師と会話力を磨く
・「5」の付く日は「Let’s 語 Day」朝の礼拝は英語バージョンになり、丸一日英語での日常会話が奨励
・日常的に作文や発表が授業で繰り返されることで、明瞭なプレゼンテーション力を養成
・全生徒が施設訪問をし、高齢者、障害者、被災者の方々の、自分たちとは違う環境での生活に触れる
・英語圏にとどまらず、アジア、アフリカの人々との国外異文化交流
・人と一緒に働く喜びと忍耐を学ぶ体験学習
・知識を統合して知恵にする「総合科人間学」
・オリエンテーションキャンプ(中1)、群馬環境学習(中2)、鎌倉自主研修(中3)
・日比谷公会堂での音楽会や芸術鑑賞など多彩な行事
・施設訪問ボランティアやクリスマス礼拝、施設訪問ボランティアキャンプ
・英語・数学に関しては、2年生の段階から習熟度別授業が始まる
・学習の節目として3年次には「まとめテスト」と「修了論文」の執筆と発表が課される
・早朝のミニテスト、放課後の補習
・土曜日午前中には本校の大学生OGたちが中等部生徒の個人指導

スポンサーリンク

玉川聖学院中等部の過去問出題傾向

玉川聖学院中等部に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

玉川聖学院中等部のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 玉川聖学院中等部公式ホームペーシをご確認下さい。

玉川聖学院中等部公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報