多摩大学附属聖ヶ丘中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

多摩大学附属聖ヶ丘中学校受験をする際に、多摩大学附属聖ヶ丘中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。多摩大学附属聖ヶ丘中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
44
1.6
スポンサーリンク

多摩大学附属聖ヶ丘中学校の評判

1988年 多摩市に聖ヶ丘高等学校を開校
1989年 多摩大学開校を機に、附属高校となる
1992年 中学校を新設

6年間の中高一貫教育の特性を活かし、ほぼ2年ごとに「基礎・基本を習得する段階」「個性の伸長と進路適性発見の段階」「大学受験を視野に応用力を付け、伸ばす段階」と位置づけ、それぞれの段階毎に綿密な企画のもと、学力の定着度を測りつつ、生徒に自信と確信を抱かせ、一歩一歩確実に前進し、最終的な進路実現を可能とするようあらゆる教育手法が仕組まれています。

それぞれが強い成長志向のもと、日々切磋琢磨し合いながら、和気藹々と明るく元気で爽やかに、勉学と部活動に燃え、まさに笑顔と感動の学園生活を送っています。

 

多摩大学附属聖ヶ丘中学校の教育方針

・豊かな自然の中での人間教育
・少人数できめの細かい指導
・本物に触れる教育
・基礎学力の充実と思考力の育成
・笑顔と感動の学校生活
・学習指導をはじめ生活全般を通じて、自主研鑽の力を高めるように指導
・敬愛奉仕の心を育て、広い視野を持ち情報化・国際化する社会に対応する資質を育てる
・健康明朗な生活態度が身につくように指導
・理科「100を超える実験実習」
・社会「年6回の地域見学」
・国際感覚を養うニュージーランド修学旅行
・英語と数学は習熟度別授業を実施し
・中3では職場体験を行い、自らの進路を考える機会と意識づけ
・「朝の読書」で聖ヶ丘の一日がスタート。「本の世界」を大切にしている
・中学50冊・高校50冊の推薦図書を選定し、「聖ヶ丘100冊の本」発行
・高校生向けに、社会・政治・情報・国際化・教育・環境・科学等のジャンルから「60+6」冊の「新書」を選定
・全校生徒が各自の選んだ本の「帯」を創作し、優秀作品を表彰する本の帯コンクール
・年に一度GTEC(英語コミュニケーションテスト)を受験し、英語力の向上を目指す
・11月に校内合唱コンクール
・器楽ではアルトリコーダーでソロやデュエットの演奏を楽しんだり、和太鼓に挑戦

スポンサーリンク

多摩大学附属聖ヶ丘中学校の過去問出題傾向

多摩大学附属聖ヶ丘中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
詩・説明文・物語文の読解3題のほかに、慣用句と漢字の読み書きという問題構成。指示内容や状況を記述で簡単に答えさせる設問もあるが、殆どは記号選択か書き抜き解答です。登場人物の心情を問う問題が多く、読解力が求められます。

《算数》
計算問題3問、一行問題7問、大問3題の問題構成。前半は基本レベルの問題を中心に出題されるので、しっかりと基礎を固めておけば十分対処できます。また、応用問題が出題されます。仕事算、平面・立体図形、旅人算などが頻出です。速さと時間のグラフを読み解く問題や図形の問題が頻出なので対策を。

《社会》
大問3題構成歴史や地理が重点的に出題されます。公民では、時事問題を絡めた問題が頻出。日頃からニュースや新聞を読む習慣を付けましょう。問題文が長いので、読解力も求められます。

《理科》
大問4題で4分野からの出題。生物分野は植物の花のつくり、地学分野は金環日食、物理分野は音、化学分野は気体の性質が出題さました。選択し式が中心ですが、計算問題、記述、スケッチも出題されます。今回は図の中のめ花を示す問題があったが、簡単な作図やグラフを書く練習も行っておきましょう。

 

多摩大学附属聖ヶ丘中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 多摩大学附属聖ヶ丘中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

多摩大学附属聖ヶ丘中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報