千葉市立稲毛高等学校附属中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0

千葉市立稲毛高等学校附属中学校受験をする際に、千葉市立稲毛高等学校附属中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。千葉市立稲毛高等学校附属中学校の情報を集めましたのでご参考まで。
偏差値 倍率 奨学金 特待制度
55
9.7
スポンサーリンク

千葉市立稲毛高等学校附属中学校の評判

2007年 千葉市立稲毛高等学校に併設する中高一貫教育校として開校

千葉市立稲毛高等学校附属中学校は千葉県初の併設型公立中高一貫教育校として開校しました。

「確かな学力」「豊かな心」「調和のとれた体力」を身につけた真の国際人の育成を目標に,中高6年間の一貫教育の利点を生かし,系統的なカリキュラムに基づく継続的な指導で一人ひとりの力を最大限に伸ばします

 

千葉市立稲毛高等学校附属中学校の教育方針

・一般の公立中学校より週あたり3時間程度多い授業を確保
・学習指導要領の目指す知識・知能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成のバランスを重視した教育
・110人を超える中学校と高校の両方の職員が指導
・中学1~2年に「世界と日本」「総合科学」「英語コミュニケーション」という学校独自科目を設定
・中学と高校の学習内容をシームレス(継ぎ目なし)に実施
・数学・英語の少人数制授業
・英語のネイティブによる授業やコンピュータを便用した個別音声学習等特色ある授業
・部活動は、高校生との合同の練習や活動
・1年生のスタートアップセミナー(宿泊研修)、2年生の自然教室、3年生の修学旅行
・高校では英語合宿や海外語学研修に参加
・文化祭(飛翔祭)は、中学・高校一緒に実施
・蔵書4万冊を超える図書館
・英語や数学の少人数制授業で使用するジュニア・セミナールーム
・国際交流の場として利用している第二特別教室棟
・全ての普通教室に空調設備を設置し、充実した学習環境を整えている
・ボランティア活動,自然教室,職場体験,海外語学研修などの体験的な学習を重視
・読書活動や言語活動を通して,読解力や表現力の向上を図る
・高校2年時に全員英検2級,卒業までにTOEIC650点レベルを目指す

スポンサーリンク

千葉市立稲毛高等学校附属中学校の過去問出題傾向

千葉市立稲毛高等学校附属中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

 

千葉市立稲毛高等学校附属中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 千葉市立稲毛高等学校附属中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

千葉市立稲毛高等学校附属中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報