三田国際学園中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
三田国際学園中学校受験をする際に、三田国際学園中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。三田国際学園中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
1.1
スポンサーリンク

三田国際学園中学校の評判

1902年 創立の戸板裁縫学校が前身
1947年 学制改革により戸板中学校・戸板女子高等学校となる
1993年 現在地に移転
2015年 共学化し、三田国際学園中学・高等学校へと校名変更

自らの考えを持ってより良い未来を選択し、社会で活躍できる人材の育成を目指し、「考える力」「解決する力」「伝える力」この3つの力を育んでいくことを教育の根幹にしてきた学校です。

平成26年度からは、21世紀に活躍できる人材の育成を目指して、これまでの教育理念「知・好・楽」を受け継ぎつつ、さらに進化・発展していく学校です。

 

三田国際学園中学校の教育方針

・3期制、50分授業、週36時間
・疑問・問いかけを中心とした対話型授業
・思考により回答を導き出す相互通行型授業
・ディスカッションを取り入れたグループワーク授業
・発表を中心としたプレゼンテーション授業
・繰り返し型学習による知識の定着を図る「個別復習型教育」
・「21世紀型授業推進校」となり、IQ(知能指数)よりもCQ(好奇心指数)・PQ(情熱指数)を高める授業を目指す
・「使える英語」を中1から「読む・書く・聞く・話す」の4技能をバランスよく習得
・サイエンスリテラシーを高めるために週1回以上、サイエンスラボで実験授業
・グローバル時代に必要な「創造する力」「発想する力」を教育の柱
・英語は中3では準2級取得(必須)、高3で準1級・TOEFL550点を目指す
・中3では全員参加のオーストラリア研修
・高校『スーパーイングリッシュコース』では、高2で短期または1年間の海外留学を実施
・情報収集・問題解決の必須ツールとして、生徒全員がiPad(予定)を所持

スポンサーリンク

三田国際学園中学校の過去問出題傾向

三田国際学園中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

三田国際学園中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 三田国際学園中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

三田国際学園中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報