東海大学菅生高等学校中等部受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
東海大学菅生高等学校中等部受験をする際に、東海大学菅生高等学校中等部の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。東海大学菅生高等学校中等部の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
1.1
スポンサーリンク

東海大学菅生高等学校中等部の評判

1983年 東京菅生高校開校
1989年 東海大学菅生高等学校に校名変更
1995年 付属中学校を開校
1997年 東海大学菅生中学校
2008年 現校名に改称

教育指針のスローガンとして『Dream All』を掲げ、確かな夢を育み、その夢を大きく膨らませてることを目標に、中学時代に確かな夢を持ち、そして育み、大きく膨らませて、将来はその夢を実現してほしいと願っています。

先生も常に研究と修養に励み、生徒と先生が向き合える教育活動を目指しています。

 

東海大学菅生高等学校中等部の教育方針

・豊かな自然が残った環境の中にある学校
・校舎内にLANを整備したIT環境を整え、マルチメディアや映像を活用した授業を展開
・キャンパス内に畑を作って、土に触れる経験を通して、自然の有り難さを学ぶ
・1つのクラスを2人の先生が受け持つ「複数担任制」を採用
・1年次で少人数、2~3年次で学習到達度別のクラス編成を採用
・「総合的な学習の時間」では、キャンパス周辺の恵まれた自然と一体になった環境教育
・野外体験学習や自然体験学習など、教室を飛び出した環境教育を数多く取り入れる
・高校の先取りとして3年生で「古典」を学ぶ
・土曜日も正規授業を実施する完全週6日制
・授業を時間数を確保する2学期制を採用
・補習も充実しており「わからないことをそのままにせずに、わかってから次ぎに進む」ことを重要視
・中等部の選抜クラスから高校の特別進学コースに進む流れを作り、進学実績を作る
・3名いるネイティブ・スピーカーが毎朝行う“15分ワンポイントレッスン”が好評
・週1時間の英会話も15人以下の少人数レッスン
・「自ら学ぶ力を養う」ことを大切に、生徒主体による参加型・体験型の授業やイベントを取り入れる
・地上6階・地下2階からなり、付属小学校を併設する校舎
・キャンパス全体の広さは、東京ドームの約1.2個分
・「食育」にも力を入れ、「食べる」ことの重要性を学ぶ
・給食は、地元・あきる野で育成された食材を中心に使用
・生徒たち全員が自分の夢を熱く語れる生徒になってほしいと考え、「夢育て講座」を実施

スポンサーリンク

東海大学菅生高等学校中等部の過去問出題傾向

東海大学菅生高等学校中等部に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

東海大学菅生高等学校中等部のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 東海大学菅生高等学校中等部公式ホームペーシをご確認下さい。

東海大学菅生高等学校中等部公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報