東京学芸大学附属国際中等教育学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
東京学芸大学附属国際中等教育学校受験をする際に、東京学芸大学附属国際中等教育学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。東京学芸大学附属国際中等教育学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
59
2.9
スポンサーリンク

東京学芸大学附属国際中等教育学校の評判

1947年 東京第三師範学校附属中学校として開校
2007年 中等教育学校に移行

2007年に附属大泉中学校と附属高等学校大泉校舎とを統合して附属国際中等教育学校として開校した学校で、中高6年間の一貫したカリキュラムのもと、国際理解・人間理解・理数探究を3つの柱とした教育を実践しています。

2010年国際バカロレア(IB)の「中等教育プログラム」の認定を受けました。

 

東京学芸大学附属国際中等教育学校の教育方針

・50分授業、週32時間
・「国際教養」という学習領域を設定し、国際理解、人間理解、理数探究の3つの柱で構成
・英語による教科の授業LE(Learning in English)「イマージョン授業」を導入
・「環境と生命」を中心とした科学的に探究する授業や、自然・社会現象を数学的に探究する授業
・海外教育体験生徒へ、初期日本語指導・教科学習を支援するための日本語指導
・第1学年から第4学年まで国際バカロレア機構(IBO)が提供する「中等教育プログラム」(MYP)を実施
・ユネスコスクールのネットワークを活用し、世界中の学校と交流
・2012年1月に3~5年生(現4~6年生)の有志でMath Teamを結成し、アメリカの中高一貫校と数学を通しての交流
・5年生時には、海外ワ-クキャンプが実施
・ニュ-ジランドの学校と毎夏短期留学(約1ヶ月間)を2011年より派遣実施
・シンガポールの学校と学校訪問を実施

スポンサーリンク

東京学芸大学附属国際中等教育学校の過去問出題傾向

東京学芸大学附属国際中等教育学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《算数》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《社会》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

《理科》
出題傾向を調べてみましたが、掲載されていなかったため、情報収集できしだい、更新させていただきます。過去問等で対策をされてください。

東京学芸大学附属国際中等教育学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 東京学芸大学附属国際中等教育学校公式ホームペーシをご確認下さい。

東京学芸大学附属国際中等教育学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報