桐光学園中学校男子部受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
桐光学園中学校男子部受験をする際に、桐光学園中学校男子部の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。桐光学園中学校男子部の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
52
2.0
スポンサーリンク

桐光学園中学校男子部の評判

1972年 学校法人桐光学園を設立
1978年 桐光学園高等学校を開校
1982年 桐光学園中学校を併設
1991年 中・高に女子部を開設(ただし、別学)

桐光学園中学校・高等学校は、「次世代の新しいリーダー、真の人格者の育成」を目指している学校です。

本校の生徒、教職員は、お互いの人格を尊重し、共に学び、高めあう仲間です。すべての授業、講習、学校行事、クラブ活動などはこの目的のために行われます。

中高6ヶ年一貫教育の特性を活かし、中学1年から高校3年まで、学年ごとに教育テーマを掲げ、成長の段階に合わせて、徐々に将来について考え、実現できる力を身につけていくことを学園生活の目的とします。

 

桐光学園中学校男子部の教育方針

・同一敷地内で男子棟・女子棟にわかれ男女別クラス編成、男女別授業を実施しています。
・教科の特性により、男女で異なる理解のプロセスに応じた適切な教科指導を実践
・生徒会活動、委員会活動、文化部のクラブ活動、学校行事等では男女が互いに協力
・文化祭、体育祭は男女同時に開催
・生徒会や委員会、文化部の多くは中高男女が一緒に活動
・桐光学園としてすべての生徒・教職員が「いじめの防止」「いじめの早期発見・早期対応」に全力で取り組む
・洋書講読・英語検定対策・英字新聞・リスニング講座などの講習への積極的な参加
・英語検定3級・準2級・2級の取得を目標
・朝のホームルームの時間に英語・数学・国語・理科・社会の5教科の10分間小テスト
・2週間を1クールとして、最初の1週間が試験、次の1週間を、追試・補講・課題などのフォロー
・文豪研究レポートや自由研究・社会科の歴史新聞、芸術科のポスター、彫刻、陶芸など生徒による研究・作品集「テオリア」
・各クラス2名の専任教員が担任・副担任という形で担当
・女子クラスでは、担任・副担任のどちらか1名を女性教員が担当
・希望や目的に応じて、自ら選択して受講できる希望講習
・校内実力テストの成績上位者が受講できるハイレベル指名講習
・人ひとりが最適な講習を選択し、受講できるように、『講習ハンドブック』を用意
・学びの本質である知的好奇心や探究心の喚起を目的としたユニーク講習を多数開講
・科目の特性や生徒の学習内容・学習状況に応じた授業が行えるクラス編成を実施
・土曜日の4時間目を利用して、大学訪問授業を実施
・中3~高2の希望者を対象にしたカナダ・アルバータ州での研修(2週間)

スポンサーリンク

桐光学園中学校男子部の過去問出題傾向

桐光学園中学校男子部に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
読解は説明文と短めの物語文の2題構成。知識問題(ことわざ、四字熟語など)は、年度によって小問として組み込まれたり、独立題として出題されたりと様々です。物語文では人物の心情や言動の理由を、説明文では文脈に即して筆者の考えを読み取る問題(4択)が多いです。解答形式は、抜き出しと記述(30~40字程度)が多いのが特徴。高い読解力、表現力が要求される試験内容です。

《算数》
計算問題2問、一行問題9問、大問3題の問題構成。幅広い分野から出題されるが、基本レベルの問題が中心。基礎をしっかりと固めておけば十分に対応できる。応用問題では、図形分野から面積・体積の求積、移動・回転が絡んでくる問題など、他には場合の数、数の性質、特殊算などもよく出題されます。過去問演習を重ねておきましょう。

《社会》
大問は地理・歴史・政治の3分野から1題ずつ。地理は北海道の地形・農業・世界遺産などに関する問題。歴史は上野動物園の歴史を切り口に、江戸時代から昭和時代までを中心としたもの。政治は発電とエネルギーに関する問題。歴史分野のウエートがやや多くなっており、複数分野を融合した総合問題形式での出題も目立ちます。また時事問題もよく取り扱われます。

《理科》
大問3題で地学分野から各1題と生物5問と地学1問の小問集合1題、物理・化学分野の総合問題1題の出題。小問集合は、図の間違いを正しく説明する問題で近年は第1回の定番。地学分野は金環日食と月食を含む太陽と月と地球、総合問題は単位をテーマに温度と状態変化や長さに関する問題が出題。近年は複数分野を融合した総合問題形式での出題も多くなっています。

桐光学園中学校男子部のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 桐光学園中学校男子部公式ホームペーシをご確認下さい。

桐光学園中学校男子部公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報