東邦大学付属東邦中学校受験!偏差値・入試問題過去問傾向・評判はどうなの?



4245-0
東邦大学付属東邦中学校受験をする際に、東邦大学付属東邦中学校の偏差値・評判・教育方針など気になることが多いと思います。東邦大学付属東邦中学校の情報を集めましたのでご参考まで。

偏差値 倍率 奨学金 特待制度
64
2.3
スポンサーリンク

東邦大学付属東邦中学校の評判

1952年 高等学校開校
1961年 中学校が開校

本校の教育は、額田豊・晉兄弟医学博士の自然観・生命観・人間観に基づいています。

東邦中高生は、この格調高い教育目標のもと、伝統ある学び舎で、能動的に学び、共に高め合いながら、伸び伸びと可能性の自己開発に挑戦しています。

「自然・生命・人間」の尊重という建学の理念をふまえた「自分探し学(Exploring Study)」を展開し、幅広く学び能動的に学ぶことが自己の可能性の開拓につながるととらえ、学びのプロセスを重視した教育を目指しています。

 

東邦大学付属東邦中学校の教育方針

・中・高6ヶ年の中で自主的・能動的に学ぶ「自分探し学習(EXPLORING STUDY)」
・6日制/週34単位時間/50分授業/3学期制
・「精選と深化」による指導計画を工夫し高3の1学期全範囲完習
・多様な進路選択に応えるリベラルアーツ型教育課程(センター理系5教科8科目対応/センター文系6教科7科目対応)
・演習重視の数学
・実験重視の理科
・プログレス21使用の英語
・中3より現代文と古典を分けて学習する国語
・多様な選択枠で展開する地歴公民
・独自の工夫による「総合的な学習の時間」の展開
・部活動(中学参加率80%・高校参加率65%)
・生徒会活動(実行委員会を組織しての文化祭・体育祭)
・特別課外講座(高2・高3希望者、高1は3学期より希望者対象-英数国の講座、月~金で毎週各2回)
・学問体験講座(中高・保護者希望者対象-主として東邦大学の施設と講師による体験学習)
・定期考査前の補習
・東京探見(文学散歩)(高校国語科-生徒・保護者希望者対象)
・歴史散策(中学社会科 鎌倉方面-希望者対象)
・夏期講習(中1~高3 希望制)・夏期補習(中1~高2 指名制)・冬期講習(高3 希望制)
・校外学習(中1:富士山麓 中2:長野県飯田 テーマ体験学習)
・修学旅行(中3:京都・広島方面 高2:北海道方面 テーマ体験学習)
・校内実力テスト・校外模試
・中学:Recitation Contest 百人一首大会 音楽祭<習志野文化ホール>)
・高校:競技大会
・英検等各種検定支援講座(中学:総合的な学習の時間)
・基礎テスト(中学:数学・国語 各学年一斉実施/高校:国語 漢字テスト)
・中学終了達成度確認試験(中3、1月5教科)

スポンサーリンク

東邦大学付属東邦中学校の過去問出題傾向

東邦大学付属東邦中学校に入るためには、入試問題の出題傾向を把握して中学受験対策を取る必要があります。

《国語》
試験時間45分、長文読解2題という出題構成になっています。試験時間が45分とやや短めですが、記号選択問題と書き抜き問題がほとんどです。漢字やことわざ・慣用句に関する問題も必出です。こうした知識問題は、独立した大問ではなく、読解問題の中で問われます。 取り上げられる文章の難度が全体的に高く、高度な読解力が求められます。

《算数》
試験時間45分、大問6~7題という出題形式が続いています。問題構成としては、冒頭に計算問題と応用小問が5~6問程度あり、残りは応用問題です。図形分野からの出題が大きな比重を占めているのが特徴で、特に、平面図形の求積は頻出です。途中式や考え方の記入がなく、解答欄に答えの数字だけを書く形式です。考え方が合っていても答えが間違っていると部分点もつかないため、計算ミスは命取りです。

《社会》
基本的に3分野から1題ずつ、大問3題が出されるという出題構成になっており、ここ数年は、大問1が地理、大問2が歴史、大問3が政治経済からの出題です。前期・後期で配点と試験時間が異なり、配点も、前期が100点満点なのに対して後期は50点満点となっています。設問のほとんどは記号選択問題です。歴史と政治経済分野の問題を得点源にすることが大切です。

《理科》
前期試験と後期試験で出題形式が異なり、配点100点・試験時間45分、後期試験は、配点50点・試験時間30分という問題形式です。2年以上、同じ単元から続けて問題が出ることは少なく、近年話題になった、理科に関係する時事問題が取り上げられるのが特徴です。計算問題の比重が特に大きいのも特徴の1つです。年度によっては、記号選択とほぼ同じ問題数になっていることもあります。

 

東邦大学付属東邦中学校のその他情報

・学校説明会の日程
・受験日、試験日、入試日程、合格発表
・面接の有無
・受験料、入学金、授業料などの学費費用

に関しては、以下の 東邦大学付属東邦中学校公式ホームペーシをご確認下さい。

東邦大学付属東邦中学校公式ホームペーシ


スポンサーリンク


☆応援クリックお願いします☆ブログ更新の励みになります。
にほんブログ村 受験ブログへ   

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

新着情報